無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9話【テオside】
買い物から帰ってきた俺たちは部屋で買ってきたじんたんの服を広げてた
ピーンポーン
あ!きた!!!!!!
じんたん
じんたん
ん?だれだろ
テオくん
テオくん
あ、俺出てくるよ
じんたん
じんたん
わかった!
俺は玄関へ行った
予想してた通り配達屋がきていた。
思っていたより届くのが早くてびっくりした
テオくん
テオくん
ほんと、通販ってすごいなぁ(ボソッ)
そう、俺が今手にしている荷物は
買い物中にこっそり速達で買った
じんたん用のエッロぉ〜い下着なのだ
テオくん
テオくん
よし、今夜じんたんにこれを着せるぞ
テオくん
テオくん
じんた〜ん
じんたん
じんたん
ん?あ、誰だった?
テオくん
テオくん
配達員だった!
じんたん
じんたん
なんか買ったっけ?
テオくん
テオくん
あ、俺の荷物!
って言うよりはじんたんのなんだけど
じんたん
じんたん
何買ったの?
テオくん
テオくん
んぇ?
テオくん
テオくん
あ、あぁ。これね
じんたんの前に箱を差し出した
テオくん
テオくん
じんたんの下着
今夜来て欲しいなって思って😏
じんたん
じんたん
え、テオくん俺の下着なんかかったなの!?
ろくなもんはいってないでしょ
テオくん
テオくん
そんなこと言わずにさ!
お願い🙏
じんたん
じんたん
わ、わかったよぉー
やっぱりじんたんは俺の押しに弱い
テオくん
テオくん
あ、そろそろじんたんお風呂入ったら?
服とかは俺が後で持ってくからさ
じんたん
じんたん
あっ、そうだね!
じゃあテオくんお願いね!
テオくん
テオくん
おう!!!!!!
そういってじんたんはお風呂へと向かった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パんだ
パんだ
今回は会話なしでいかせていただきやす
スィスェん🙇‍♂️🙇‍♀️🙇‍♂️🙇‍♀️