無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18話【テオside】
俺は見てしまった。
じんたん
じんたん
んっテ、オくんっあっイクッ
おいおい。じんたん
俺が風呂に入ってるあいだに何してんのよ


はやくじんたんとイチャイチャしたいから急いで風呂上がったらなんか、
俺の部屋から声聞こえるなぁーって思って行ったら。

これだよ。
じんたん
じんたん
あっ、や、ば。止まん、な…
まだやってたのね!?
そろそろ入ってもいいよね?
寺島の寺島クンがもたないよ?


てかこれは襲っていいって言う合図かな?
もう行っちゃうよ?
ガチャッ
じんたん
じんたん
(。゚ω゚) ビクッ!
テオくん
テオくん
じーんたん^^*
じんたん
じんたん
て、テオ、くん……
テオくん
テオくん
一人でなにしてーんの?
じんたん
じんたん
えっ、いや、これは、その……
じんたんは一生懸命なにか言おうとしてたけど
もう遅いよね?
だってバイブは中に入ったままだし。
じんたん自分の手服の中だし。
部屋の床じんたんの液でびっちょりだし。
テオくん
テオくん
1人で楽しんでたみたいだね?
じんたん
じんたん
いや、これはちがくて
まだ言い訳するのかな
テオくん
テオくん
ねぇ、足りないんでしょ?
じんたん
じんたん
えっ(。゚ω゚) ビクッ
テオくん
テオくん
俺ならもっと気持ちよくできるよ?
耳元で呟くとじんたんはからだを震わせた
じんたん
じんたん
やっ、だめだよ
テオくん
テオくん
俺の部屋でこんなことしてまでダメっていうの?
そう言いながら俺はじんたんの弱い所を刺激した

上から、下へと。ゆっくりゆっくり
じんたん
じんたん
んっファっあっだ、め
テオくん
テオくん
じんたんいまずっげぇエロいよ
じんたん
じんたん
んっとま、んなくなっ、ちゃうぅ
テオくん
テオくん
だめなの?
じんたん
じんたん
だめ、だよ
テオくん
テオくん
いーじゃん。今日くらい
じんたん
じんたん
だ、めっア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
俺はじんたんの中にあったバイブの振動をMAXにした

じんたんら一瞬でいってしまった
テオくん
テオくん
はやいねー
じんたん
じんたん
も、らめ、こわれちゃうぅ
テオくん
テオくん
いーじゃん。壊してやるよ
じんたん
じんたん
や、らぁ
テオくん
テオくん
ほら、じんたん俺の上のって
じんたんはゆっくり俺の上に来た
テオくん
テオくん
自分で挿れてごらん?
じんたん
じんたん
んっあっぁっ
テオくん
テオくん
んっきっつ
俺のがじんたんのなかに全部はいった
じんたん
じんたん
んっ、きも、ち
テオくん
テオくん
じんたん自分で腰振るとかエロすぎ
今この状況。最高だ。
これが世にいう騎乗位か。

したからみるとかじんたんの表情は最高だな
じんたん
じんたん
んっんっテオ、くんうごいてぇ
テオくん
テオくん
ん?疲れちゃった?
じんたん
じんたん
たり、ない。もっと奥
テオくん
テオくん
欲しがりだなぁ
テオくん
テオくん
じゃあ行くよ
俺は思い切り奥をついた

今までにないぐらい激しくした
そのたびじんたんは可愛く鳴いた
じんたん
じんたん
やっ、はげ、しんぁはぁん
テオくん
テオくん
も、いきそう
じんたん
じんたん
俺、も!
テオくん
テオくん
いく、よじんたんあなた
じんたん
じんたん
きて、全部俺の中に出してぇ
テオくん
テオくん
も、イク
じんたん
じんたん
んぁぁあ
テオくん
テオくん
はぁはぁ
結局最後までやっちゃった
しかも久々すぎて止まらなかった
テオくん
テオくん
じんたん大丈夫?
じんたん
じんたん
スースースー
じんたんは疲れて寝てしまった

また無理させたな。
おれはいつだってじんたんに無理させてる気がする
テオくん
テオくん
ごめんなじんたん。無理ばっかさせて
テオくん
テオくん
今だけでもゆっくり休んでな
そういい俺もじんたんを抱き眠りについた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パんだ
パんだ
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
だめだーーーーーーー
パんだ
パんだ
分からなくなってきた
パんだ
パんだ
そして前回誤字がたくさんで読みづらかったですよね。
申し訳ありませぬ
じんたん
じんたん
ホントびっくりするくらいの誤字!!!!!!
テオくん
テオくん
今回に関しては内容やばいよな
パんだ
パんだ
スィスェん
パんだ
パんだ
あ、そうだ。
テオくんの画像がなんどやっても消されてしまうんですが。
なぜですか
パんだ
パんだ
おかしいですよね
じんたん
じんたん
もうお前何喋ってるかわかんない
テオくん
テオくん
もう終わらせよーよ
パんだ
パんだ
それもそうですね
それでは皆さん次回でお会いしましょう✌️