無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話【じんside】
「我慢出来ない」そういったテオくんは俺の服の中に手を滑らせた
テオくん
テオくん
ねぇ、じんたん女の子の体でヤルのってどんな感じ?
耳元で呟かれ体が震える
じんたん
じんたん
んっわかんな、い
「へぇ」って言いながらテオくんは
俺の胸の突起を弄り出した
じんたん
じんたん
んっはぁ、あぁん
テオくん
テオくん
じんたんエッロ
そう言いながら服を脱がされた
テオくん
テオくん
ほんとじんたんの胸でかいね😏
じんたん
じんたん
うる、さい/////
テオくん
テオくん
あー、まだ喋る余裕あるんだ?
そういってテオくんはさっきよりも激しくしてきた
テオくん
テオくん
じんたん気持ちい?
そんなこと言いながら俺の胸に吸い付いてきた
じんたん
じんたん
あぁん、はぁんぅ
テオくんの手が俺の下へと伸びていった
テオくん
テオくん
下も触ってあげる
最初は1本、次第に2本の指をいれられて中を
グチョグチョにされた
テオくん
テオくん
じんたんもうこんな濡れてるよ
じんたん
じんたん
やっ、テオ、くんダメっんっ
女の体は男の時よりも断然気持ちよくてすぐにイキそうになる
テオくん
テオくん
じんたんもうイキそうなの?
じんたん
じんたん
んっもう、だめ、イ、きそう
イキそうになった瞬間テオくんの手が止まった
じんたん
じんたん
え、なんで、、、
テオくん
テオくん
まだイッちゃダメだよ?
じんたん
じんたん
やだ、イかせて、も、辛い、よ
テオくん
テオくん
だーめ、我慢して
テオくん
テオくん
あ!そーだいいこと考えた
テオくんは棚から何かを取り出した
じんたん
じんたん
な、にそれ
テオくん
テオくん
ん?これ?
コレはオモチャだよ?
そう、テオくんの手にあるのはいわゆる
「大人の玩具」だ。
じんたん
じんたん
えっ、ヤダ、ヤダヤダ
テオくん
テオくん
そーんないやがんないで?ほら、
そういってテオくんは俺の中にオモチャをいれた

テオくん
テオくん
振動は2ぐらいにしとこ
俺の中にあるオモチャが振動した
じんたん
じんたん
あっいやっ、んっ、はぁあぁん
テオくん
テオくん
そんなに気持ちいいの?
テオくん
テオくん
まだ2だよ?
じんたん
じんたん
やっ、これやだ
テオくん
テオくん
もう、5にするよ?
ブブブブブ
じんたん
じんたん
いやぁぁ、ぁあん
テオくん
テオくん
すっご、もうイキそうじゃん
テオくん
テオくん
まぁ、このまま待ってて俺風呂入ってくるから
じんたん
じんたん
う、そ、はず、してやだ
俺の言葉も聞かずそのままテオくんはお風呂へと行ってしまった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パんだ
パんだ
どうでしたか?
じんたんの乱れようは!!!!!!
テオくん
テオくん
可愛かった(ボソッ)
じんたん
じんたん
かわいくなぁぁぁぁあい!!!!!!
テオくん
テオくん
可愛かったよ?
じんたん
じんたん
テオくんだってなんでそんなS発揮してんのさ
パんだ
パんだ
たしかに、テオくんドがつくほどのSを出してましたね
テオくん
テオくん
俺Sだもん
じんたん
じんたん
自分でゆうなし!ゲシッ
テオくん
テオくん
いたっ、ちょっじんたん蹴らないで!
パんだ
パんだ
まぁまぁイチャイチャもそのへんで
次回もよろしくです