無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

19話【じんside】
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙

やってしまった。またヤってしまった。
じんたん
じんたん
なーんでそんな気持ちよさそうに寝てるのかね
俺はそう言いながらテオくんの頬をつついた
テオくん
テオくん
んんー(-_-)
起きるかな?って思ったけどかなり熟睡してるなぁ
じんたん
じんたん
朝ごはんでも作ろうかな
布団から出ようとした時、
テオくんに腕を引かれてベッドに戻された
テオくん
テオくん
どこ行くの(´-ω-`)
眠そうな目をこすりながらそういう
じんたん
じんたん
ご飯作ろうかなっておもってさ
テオくん
テオくん
いいよ俺が作るよ
じんたんは妊婦さんなんだから休んでな
俺の旦那さんは心底やさしいと思う。
でもたまに優しすぎて怖いよ
いつか壊れちゃうんじゃないかって思うから。
じんたん
じんたん
うん^^*ありがと
俺はソファーに座ってゆっくりしていた

が、急にお腹に痛みが走った
じんたん
じんたん
うぅっ。い、たい、あぁぁ
テオくん
テオくん
じんたん!?どしたの!
じんたん
じんたん
お、なかがい、たい。あ゙あ゙
テオくん
テオくん
きゅ、救急車!!
何分経っただろうか。
俺のお腹は痛いまま遠くから救急車が近づいている音がした
テオくん
テオくん
じんたん救急車きたよ、大丈夫?
じんたん
じんたん
だい、じょぶうっ
テオくん
テオくん
がんばれ、じんたん。
病院につきすぐに先生がきた
先生
あぁー、うまれますよ、これ。
急いで産婦人科連れてって!
じんたん
じんたん
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙いだいぃうぅ
テオくん
テオくん
じんたん!がんばれ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
何時間経ったのかわからない。
だか気づいたら2人の赤ちゃんの鳴き声が部屋中に響いていた
じんたん
じんたん
うぅ⸜(′ᐤ⃙⃚⃘﹏ᐤ⃙⃚⃘‵)⸝
産まれたぁぁ
テオくん
テオくん
じんたん!2人!うまれたよ!
じんたん
じんたん
よがっだぁぁ(இдஇ; )
テオくん
テオくん
あはは(*´ω`*)
じんたんまで泣いたら大変だよ((´∀`*))
じんたん
じんたん
うぅだって嬉しいんだモーン(இдஇ`。)
テオくん
テオくん
おれも、今すっごい幸せ
じんたん
じんたん
うん(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)
テオくん
テオくん
ありがとう。じんたん
じんたん
じんたん
うん(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)
テオくん
テオくん
ほんとに、愛してるよ
じんたん
じんたん
うーん(´°̥̥̥ω°̥̥̥`)
。・゚・(*ノД`*)・゚・。
テオくん
テオくん
もぉそんな泣かないでよー(*´艸`)
俺はほんとに幸せだ。
2人を生む時はほんとに死んじゃいそうなくらい
痛かったけど。でも産んでよかった
これからテオくんと2人でこの双子を育てていくんだ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パんだ
パんだ
はい。自分が何をゆってるのかわからなくなってきました
テオくん
テオくん
すごいとばしたよね
パんだ
パんだ
なにかけはいいかわからないのです
パんだ
パんだ
ネタがなくなってきました。
じんたん
じんたん
最近すごい🐢更新だよね
パんだ
パんだ
その通りでございます。
パんだ
パんだ
こんな遅いですが見てくだされば光栄です