無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話【テオside】
俺はじんたんを部屋に残しお風呂は向かった
ヤってる途中だったから俺のあれは少し勃っていた。
俺は風呂でヌくことにした
その頃じんたんは
じんたん
じんたん
んっはぁテオ、くんぁあ、ふぁやっも、つら、
じんたん
じんたん
あっ、いっちゃう、あぁ、ひゃっ、あぁぁ
1人で気持ちよくなっていた
俺は風呂から上がりじんたんのところへ行った
テオくん
テオくん
じんたんおまたせ
じんたん
じんたん
あっ、テオくん……
テオくん
テオくん
あーらら、じんたん何回いったの?
そう言いながら首を人差し指で上から下へなぞるように指を滑らすとじんたんが気持ちよさそうに
じんたん
じんたん
ひゃぁん
と喘いだ
テオくん
テオくん
じんたん感度抜群じゃん
今挿れたらどうなっちゃうかな?
じんたん
じんたん
テ、オくんは、やく、挿れ、て……
涙目でしかも上目遣いでゆってくるから
俺はつい意地悪したくなった
テオくん
テオくん
なに?ごめん聞こえなかった
ちゃんとゆって?
じんたん
じんたん
も、テオくんのい、じわるぅ(இдஇ`。)
テオくん
テオくん
あぁーごめんごめん
テオくん
テオくん
ほら、ちゃんとゆって?
耳元でつぶやくとじんたんは体を震わせた
じんたん
じんたん
テオくんのほ、しい。から、
おね、が、ちょ、だい
必死にねだってくる姿をみて俺は興奮した
そしてそのまま一気にじんたんの中に挿れた
テオくん
テオくん
きっつ、じんたん締めすぎ
じんたん
じんたん
やっ、ああぁ、き、てる、テオくんの、きも、ち
じんたんはもうおかしくなってた
でもそんなじんたんも愛おしい
じんたん
じんたん
テオ、くんも、イク、イッちゃう
テオくん
テオくん
うん、俺も、イクよ
じんたん
じんたん
あぁぁぁぁあん
二人で果てた
疲れたのかじんたんはイったと同時に寝てしまった
俺は静かに後始末をした
テオくん
テオくん
あ、じんたん服着せなきゃ
いや、いいこと思いついたぞ
よし、そうしよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じんたん
じんたん
ねぇ、パんだ。いっこゆっていい
パんだ
パんだ
何でしょうか……
じんたん
じんたん
終わらせ方下手すぎ
パんだ
パんだ
いやぁぁぁぁぁ!!!!!!
いわないでーーーーーー
テオくん
テオくん
おぉ!なんだなんだ
なんで叫んでんだ
じんたん
じんたん
あっ、テオくん!
こいつ終わらせ方下手くそすぎて何言ってるかわかんないんだけど
テオくん
テオくん
たしかに、終わらせ方がいまいち……
パんだ
パんだ
テオくんまでっ!
仕方ないじゃないですか!!!!!!

逆にこの語彙力でかけてること自体奇跡ですよ!
じんたん
じんたん
まぁ、たしかに
テオくん
テオくん
あなたさんも許してやってください
こんなやつなんです
パんだ
パんだ
こんなやつって!!!!!!
じんたん
じんたん
まぁ、もういいじゃん、どうでもいいし
テオくん
テオくん
どうでもいいってww

ま、終わらせるか
次回もお楽しみにっ✌️