無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,845
2021/06/12

第3話

#3
______10年後
あなた
…………スー…




……______!


……あなた_____ッ!
あなた
(誰か呼んで…………る…)
あなた
(まぁいいや……寝よ……)


私がまた目を閉じようとしたその時______




















松野千冬
松野千冬
起きろあなたーーーー!!!!!!!!
バサァッ!!!
あなた
オギャァァァァァッ!!!!!
松野千冬
松野千冬
ハァッ……ハァ……!
やっと起きたかこの寝坊助がァ(怒)
この人が私の幼馴染の松野千冬。

昔から朝が弱い私を起こしに来てくれるのは千冬だった______








あなた
あっ、千冬くぅ〜ん!今日も起こしに来てくれたのかいっ✋
松野千冬
松野千冬
お前が起きないからいっつも起こしに来てやってんのッ!!
ポカッ!
あなた
あてっ
お母さん
お母さん
あっ、千冬くん!やっとあなた起きた?
松野千冬
松野千冬
うっす!今起きました!
お母さん
お母さん
いつも悪いわね〜…
あなた
あっ、千冬まだ時間平気?
松野千冬
松野千冬
おう、飯食う時間ならあるから早く食ってこい
あなた
わかった!(バッ)
私はそう言って布団から出て階段を降りていった