無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,004
2021/06/17

第11話

#11
______色々あったけど、その後私と千冬は2人で校内をまわったりしていた









その時、事態は起きた























あなた
(モグモグ)
松野千冬
松野千冬
食いすぎじゃね?
あなた
ん、ほぉはほ?(そうかな?)
松野千冬
松野千冬
なんて?
男の人
あのー…すみません。
もしかして千咲あなたさんですか?
あなた
はい、そうですけど
松野千冬
松野千冬
……

突然前から話しかけてきたのはここの制服ではない男の人だった……
松野千冬
松野千冬
コイツに何か用っスか
男の人
あ、いえ。
ちょっとそこまで着いてきて欲しくて…


明らかにこの制服……

















第‪✕‬中の生徒だった……







松野千冬
松野千冬
それじゃあ俺も行きますよ
あなた
千冬、私一人で大丈夫だよ
松野千冬
松野千冬
……っ、危ないに決まってんだろ
化け物みたいに強いって言われる不良が多い第‪✕‬だぞ…(ヒソッ)
あなた
お願い、私を信じて
すると千冬は少し考えて……
松野千冬
松野千冬
……もし何かあったら、すぐ呼べよ
あなた
分かってる(ニコッ)
男の人
じゃあ、行きましょうか…



















そう言って男の人は少し後ろを振り返ると、千冬にニヤリと笑い付けた______