無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,119
2021/06/17

第10話

#10
______ガヤガヤ
































あなた
(……いた!)

もうここはいつも通りに接して通り抜けてくしか…っ
あなた
千冬!ごめんー待った?
松野千冬
松野千冬
うぉ゙!?あなたっ!!
あなた
えっ、そんな驚く?‪w
松野千冬
松野千冬
いやっ、別に…ッ!
あなた
ん?[千冬の顔を覗き込む]
松野千冬
松野千冬
〜〜ッ


ずっと何かを言いたそうに千冬は黙り、少したって息を静かに吐いた後…






松野千冬
松野千冬
俺あの時、咄嗟(とっさ)に出てったから言えなかったけどさァ…
あなた
うん?
______





































松野千冬
松野千冬
さっきの、可愛かった……じゃん










_____千冬は手を首にあてて、何処か照れくさい表情で私に言った




































あなた
へ……/////?
松野千冬
松野千冬
だっ!!!別にそういう趣味がある訳じゃなくって!!゙/////
ごめん!気持ち悪かったよな!?/////(焦)
______そんな焦る千冬を見て私は
あなた
……っ‪(笑)
松野千冬
松野千冬
えっ?
あなた
ごめん…ッ‪w
千冬の反応が可愛くって(笑)
松野千冬
松野千冬
……可愛くねぇしっ(ムッ)
あなた
あははっ、ごめんごめん(笑)


そっか……

千冬だってもう中学2年生……




いつまでも子供な訳じゃないんだ______