無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

オッパ呼び

ドンドンと扉がノックされた。







ドアを開けるとそこにはジミンさんと………




You
You
なんであなたもいるんですか?
テヒョン
テヒョン
へへ、来ちゃった♡




満面の笑みで立っているテヒョン。




「来ちゃった♡」じゃねーよ。


You
You
…とりあえず入ってください。
ジミン
ジミン
おじゃましまーす。
テヒョン
テヒョン
しまーす。




部屋に入るなり、2人は驚きの声をあげた。

ジミン
ジミン
うわっ、ここの部屋もすごい広いんだね。
テヒョン
テヒョン
なんかめっちゃ女の子って感じ
ジミン
ジミン
可愛い部屋だね。
You
You
ジミンさんたちの部屋もこんな感じなんですか?
ジミン
ジミン
広さは一緒くらいかな
テヒョン
テヒョン
デザインは違うけどね
You
You
ほほう……
ジミン
ジミン
あ!忘れてたけど……
You
You
?、なんですか?
ジミン
ジミン
ジミン“さん”じゃなくて、ジミン“オッパ”!!
You
You
え?
ジミン
ジミン
これからオッパ呼びだからね、絶対!
You
You
え、でも誤解招きません?ジミンさんだけにとか…
テヒョン
テヒョン
じゃあ僕のこともオッパ呼びね!ジミナだけずるいし!
You
You
えー………
テヒョン
テヒョン
嫌そうにしない!これ命令!絶対!強制!



どんだけだよ( ˙-˙ )



ジミン
ジミン
はい、りぴーとあふたーみー「ジミニオッパ」
テヒョン
テヒョン
「テヒョニオッパ」
You
You
……じみにおっぱ、てひょにおっぱ
ジミン
ジミン
うんなんでそんなに棒なのかな
テヒョン
テヒョン
もっと心をこめて!



いや意味わからん











そのとき、





ピロンピロンピロンピロン


You
You
あ、誰からだろ


急いでモニターに飛びつく。





光っているモニターの上には【RM】の文字。

You
You
……誰?
テヒョン
テヒョン
あ、それねー、ナムジュニヒョン
ジミン
ジミン
ナムジュニヒョンのコードネームはRMなんだよ
You
You
なるほど……



通話のボタンをタップする。





ぱっと映るナムジュンさん。



ナムジュン
ナムジュン
あなた、そこにテヒョンとジミナいないか?
You
You
あ、いますよー
ナムジュン
ナムジュン
その2人連れて射撃訓練場に来てくれないか?


急いで時計を確認する。





時刻は18時10分





あ、ヤバい完璧に忘れてた。


You
You
ごめんなさい!すぐ行きます!!
ナムジュン
ナムジュン
急がなくていいよ。気をつけてね。
You
You
はい!!



ぷつっと通話を切り、口をあけてぼーっとしてるオッパたちを連れて部屋を飛び出した。