無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

169
2021/03/27

第24話

ある日の九相兄弟
血塗(けちず)
血塗(けちず)
あ、兄者ぁ・・・
脹相(ちょうそう)
脹相(ちょうそう)
どうした、血塗
ある夜、
脹相が自室で寛いでいると
弟の血塗がやって来た。
血塗は何故かモジモジと
両手の人差し指どうしを擦り合わせ
恥ずかしそうにしている。

━━可愛い。俺の弟が今日も可愛い。

いつも仏頂面の脹相は
弟達の前では慈愛に満ちた優しい笑顔を見せる。
ドアの前でモジモジしている血塗を呼び寄せ、
その頭を撫でながら脹相は彼に聞く。
脹相(ちょうそう)
脹相(ちょうそう)
何か困りごとか?
お兄ちゃんにできることなら
なんでもしてやるぞ。
何故なら俺は
お前のお兄ちゃんだからな
いつも頼りになる長男・脹相の言葉に
血塗は何かを決意したかの様に
グッと拳を握りしめた。
血塗(けちず)
血塗(けちず)
兄者ぁ・・・!!
俺ぇ・・・っ!!
あなたをデートに誘うよぉっ!!
脹相(ちょうそう)
脹相(ちょうそう)
血塗・・・っ!!!
お前・・・っ!!
あなたのことが好きな血塗。
2人の関係は決して悪いわけではない。
席が隣で毎日話もするし、
昼休みだって兄達も交えて
一緒に昼食を食べる、
部活も同じ・・・と、
むしろ良好である。
しかし、あなたの兄・陀艮が
常に彼女の隣にいて目を光らせているのだ。

幸いなことに陀艮は血塗があなたのことを
好きだとは知らず、
(脹相が勝手にあなたを
血塗の嫁だと言っていると思っている)
彼を敵対視していない。
だが、このままでは
何時まで経ってもあなたとの
関係が進展しないと考えた血塗は
彼女をデートに誘う決心をしたのだった。
血塗(けちず)
血塗(けちず)
お、俺ぇ、
あなたと
もっと仲良くなりたいよぉ・・・っ!
脹相(ちょうそう)
脹相(ちょうそう)
血塗っ!
お兄ちゃんは
猛烈に感動している・・・!
甘えん坊なお前が
そんな立派なことを
言う様になったなんて・・・!
わかった・・・!
お兄ちゃんはお前を全力で
応援するぞ・・・!
血塗(けちず)
血塗(けちず)
兄者ぁ・・・っ!
俺っ、俺ぇ・・・!
頑張るよぉ・・・っ!
ガッシリと抱き合う2人を
隠れて見ている者がいた。
壊相(えそう)
壊相(えそう)
血塗・・・っ、
オトコ》になる時が
きたんですね・・・!
壊相は涙を流しながら、
弟の成長を喜んでいた━━。