無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

805
2018/08/12

第56話

だれ
何だかお母さんと気まづい……けど
今はとりあえずシルクに抱きしめられていよう。
シルク
あなた?
あなた

うん?

シルク
1つだけ聞いていい?
あなた

答えられる範囲なら。

そう言って抱きしめられたままシルクが質問する
シルク
あのLINEの奴は誰?
あなた

え…?LINE??

シルク
うん
あなた

さっきも聞かれたけど……なんの事言ってるの?

シルク
そう言ってシルクから開放される
あなた

え?

シルクに私のスマホを差し出されたからLINEを開いてみる。
探してみるけど知ってる人のLINE以外はない。
あなた

その人、なんて名前なの?

シルク
んー、と
モトキ
なんだっけ、こ…。
あなた

こ??

ダーマ
こうきじゃね?
あなた

こうき……??そんな人いたっけ?

LINEで「こうき」の名前を探すけど、そう読める漢字は1つもない。
あなた

ない…けど

シルク
じゃあ、さっきスクショしたからそれ探してみて。
そう言われて画像を探すけど、それもない
あなた

ない…よ?

シルク
は?!
モトキ
どういうこと……?
あなた

??

ンダホ
そういえば……あなた起きたのに先生呼んでないけど大丈夫なの?
シルク
あっ!
とりあえず病院の先生の話を聞くけど、なぜ倒れたのかは分からないみたい。でも、倒れた時には私から熱がなくなってたんだって。どういうことだろ?
とりあえず今日は入院。明日は何も無ければ帰れるみたい。
そのあと何回か検査とかあるみたいだけど
先生が帰っていってなんか違和感。
こんなこと、前にもなかったっけ……
シルク
……?あなたって倒れたのこれが初めて?
あなた

そう…だけど……
だよね?お母さん。

お母さんが頷く。
シルク
ふーん……。
なんだろう前もこんなことがあったような……
私の倒れた理由の謎は深まっていく