プリ小説

第4話

第4話
鬼ごっこ
モトキ
じゃあ鬼決めるのにジャンケンしよ!
シルマサモトダホ
最初はグー
ジャンケンぽい!
あなた
✊🏼
モトキ
✊🏼
シルク
マサイ
✊🏼
ンダホ
✊🏼
シルク
うわー
俺鬼だー
あなた
やったー
勝っちゃー
シルク
じゃあ10秒したらスタートね
10
.
.

7


6


5


2


1


0
シルク
行くぞー
モトキ
あなた逃げるよ!
シルク
ダホまて~
ンダホ
ぎゃー
シルクはやいよぉ~
ハァハァ
シルク
はい、タッチ
ンダホ
俺が鬼だー
ンダホ
よしモトキを狙お
モトキ
こっちきそうだ
モトキ
あなた逃げるよ!
マサイ
俺の方には来ない
よかったε-(´∀`*)ホッ
ンダホ
もっきゅんまってぇ~
モトキ
またないよー
シルク
ンダホ頑張れー
ンダホ
(あっマサイみっけあっちねらお)
マサイ
「隠れてる」
マサイ
「ンダホが近ずいてることに気づいてない」
ンダホ
(よし!)
マサイタッチ!
マサイ
うわぁ~!
びっくりしたな~
俺鬼じゃんw
シルク
おっ!
マサイ鬼だー
あなた
モトキにげりょー
マサイ
よし!モトキつかまえるぞ
モトキ
「隠れる」
マサイ
モトキ!
タッチ!
モトキ
わお!
鬼になっちゃった
それからもやり
午後4時
ンダホ
もうこんな時間だ
シルク
そろそろ帰るか
マサイ
確か明日ンダホだよな
ンダホ
そうだね
あなたのこと今連れてっていい?
モトキ
いいよ
ンダホ
じゃああなた帰ろ~
あなた
うん!んじゃほー
シルク
ンダホって言えないんだなw
ンダホ
んじゃほだよw
マサイ
さっ!
帰ろ!
シルマサモトダホ
じゃーね~
シルマサモトダホ
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー
家に着き
ンダホ
あなた家ついたよ!
あなた
ちゅかれた~
ンダホ
何かやる?
あなた
とりゃんぷやりちゃい!
ンダホ
いいよ~
あなた
ババ抜き~
ンダホ
やろやろー
10分後..
ンダホ
チ───(´-ω-`)───ン
あなた
やっちゃ~
きゃったー
ンダホ
もう7時だ
ンダホ
ご飯食べる?
あなた
うん!
ンダホ
はいっ!
じゃあいただきます~!
あなた
いちゃじゃきましゅ!
20分後..
あなた
ごちちょーちゃま!
ンダホ
ごちそーさまー
ンダホ
じゃああなたお風呂入ろ?
あなた
お風呂やらー
ンダホ
どうしたの?
そんなこといつも言わないのに
あなた
やらのぉ~
(泣)
ンダホ
えっ..ちょ







今回はここまで!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ありさ  ウオタミ🐟
ありさ ウオタミ🐟
フィッシャーズ大好き! 読んでくれるとうれしいです! それではせーのっ( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る