無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

54
2020/08/30

第2話

*day.1


昨日の夢が会ってから、どうしてもあの夢が頭から離れなかった。
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
はぁ…



それにしても、やけに現実味がある夢だった



また…会えるかな


ピロン


ため息をついて、不意に通知がなったスマホへと目をやった

《ライブお疲れぇ!!振り返り雑談枠!!皆集まれぇぇ!🐶✨》
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
…見るかぁ


推しの配信通知からキャス画面に飛ぶも、夢の事への疑問と、ほんの少しの期待が頭の中で渦巻いていた。



1時間。話す話題も無くなってきた頃。
莉犬くん
莉犬くん
あ、そうだ、俺ねー?
莉犬くん
莉犬くん
“昨日、夢の中で俺のファンの女の子と会ったんよね”
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
えっ!?
雨里 由奈
雨里 由奈
<あなたー?どしたー??
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
あっ!なんでもないっ!!

完全に予想外の発言に、思わず声を上げてしまい、姉から心配の声がかかる
莉犬くん
莉犬くん
そうそう、可愛い子だったなー
すぐ目覚めちゃってあんまり話せなかったんだけどねw
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
嘘……


推しが自分と全く同じ体験をしていた事への驚きと、じゃあ、本当に会話してたのかも…会ってたのかも…という不確かな喜びが頭をよぎる




しかし、コメント欄に


「私も昨日夢で莉犬くんに会いました!!」

「それ私ですw」

「待って絶対私なんだけどw」


そんなコメントがあって、我に返った



やっぱ…私だけ特別なんてこと、ないよねぇ……。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



もう1時間かぁー

そろそろ話す事も無くなってきたなぁ…




あっ、そうだ、昨日夢で会った子の話でもしようかな
莉犬くん
莉犬くん
あっ、そうだ、俺ねー?
莉犬くん
莉犬くん
昨日、夢の中で俺のファンの女の子と会ったんよね



「あ、私だw」



そんなコメントで埋まってる。



やっぱ…そうだよな

誰だって、好きな人には会いたいし、好きな人に見てもらいたいもん



でも、昨日の子は可愛かったなぁ


綺麗な茶色を帯びた髪、ちょっとタレ気味の目、少し不安そうにこちらを見つめるあの眼差しも。




向こうも、昨日俺に会ったのかな…



会えてたら、嬉しいな


でも、見つけてしまった




『絶対嘘。彼女とかでしょ』



そんなコメント
莉犬くん
莉犬くん
っ……はぁ



そんなんじゃないのにな…



人気になったらアンチはつく。


絶対。


わかってるんだ。




だけど、辛い。


変な嘘が広まって、傷ついて。
莉犬くん
莉犬くん
じゃー、今日はこの辺で終わりにしよっかー


『えぇー早すぎるよぉ(´;ω;`)』
『寂しいです(´;ω;`)』
莉犬くん
莉犬くん
俺はもう眠いよ…w
『まだ23時ですよ?!』
莉犬くん
莉犬くん
まだ23時です?w
“もう”23時だよ!w
「wwwww」
莉犬くん
莉犬くん
じゃー終わるべ



『誰やwww』
莉犬くん
莉犬くん
ww皆ばいばぁい
莉犬くん
莉犬くん
おつりーぬ!
莉犬くん
莉犬くん
ぐっばいび☆


🎼.•*¨*•.¸¸♬🎶•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪
莉犬くん
莉犬くん
…寝たら、夢でまた会えるかな
莉犬くん
莉犬くん
…寝よっと


アンチだとか、理解してくれない子だとか、大分困ってるけど…もしあの子に会えたら、今度は沢山話したいな…


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
寝たら会えるかなぁ?
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
まぁいいや…おやすみ…


淡い期待を抱きながら、布団に潜った



⋆。˚ᎶᎾᎾⅅ ℕᏐᎶℍᎢ⋆。˚✩( ¯꒳¯ )ᐝ



⋆。˚ᎶᎾᎾⅅ MᎾᎾRᏐℕᎶ⋆。˚☀︎
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
…会え…なかったな…
莉犬くん
莉犬くん
流石に…無理か



     ““また、会いたいな””