無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

55
2020/08/30

第3話

*day.2
莉犬くん
莉犬くん
って事があって…

あの夢の事も、あの子に対する思いも、メンバーに相談してみることにした。


という事で、俺ん家にて相談中
ジェルくん
ジェルくん
それ、莉犬その子の事好きなんとちゃう?
莉犬くん
莉犬くん
はぁっっ!?
なーくん
なーくん
確かに、今の反応的にもね
ころんくん
ころんくん
バナナうめぇー
るぅとくん
るぅとくん
ちょっところちゃん!
さとみくん
さとみくん
それで、向こうも莉犬の事好きだから夢の中で繋がれてるとか
なーくん
なーくん
ありそう…
莉犬くん
莉犬くん
好き…か……
るぅとくん
るぅとくん
莉犬ってそんな…‍恋について考えることあるんだ…
莉犬くん
莉犬くん
あるけど?!?!
るぅちゃん俺の事なんだと思ってんの?!
るぅとくん
るぅとくん
可愛いし、人懐っこい、僕の1番好きな人ニコッ
莉犬くん
莉犬くん
っ//…ずるい…///
さとみくん
さとみくん
莉犬顔真っ赤たぞ?ww
ころんくん
ころんくん
照れたww
莉犬くん
莉犬くん
うるさぁい!
なーくん
なーくん
まぁ、それは置いといて、莉犬くん、自分で良く考えてみたら?
なーくん
なーくん
夢の中で会って、会話して、その記憶がはっきり残ってるなんて、はっきり言って非現実的。
なーくん
なーくん
だからこそ、自分がその子に対して何を思ってるか、良く考えてみな?
莉犬くん
莉犬くん
うん…そーする
なーくん
なーくん
じゃ、俺たちは帰ろっか
さとみくん
さとみくん
うむ、そーしようぞ
ころんくん
ころんくん
誰だよてめぇwwwwww
るぅとくん
るぅとくん
さぁー、帰りましょ
ジェルくん
ジェルくん
あいあい、じゃあな、莉犬
莉犬くん
莉犬くん
ばいばーい


バタンッ

莉犬くん
莉犬くん
好きに…なっちゃったのかなぁ


俺は歌い手だ。
自分で言うのもなんだが、人気な方。
すとろべりーぷりんす

リスナーさんが、プリンセス。

皆をきゅんってさせるような、そんな活動の仕方をしてる。
本気で好きでいてくれてるリスナーはいっぱいいる。

なのに…俺が‍恋しちゃっていいのかな
莉犬くん
莉犬くん
…はぁ
莉犬くん
莉犬くん
…寝よ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
っ、だから!!
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
ゆな姉は過保護すぎなの!
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
もう私大人なのっ!
19歳だよ?もう少しで20歳!
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
なのに子供扱いしないでよっ!!
雨里 由奈
雨里 由奈
でも、いくらあなたが優秀でも声優はダメ!認めない。
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
っ…もういい



スタスタ


ごめんね、あなた。

お姉ちゃんのお友達、声優になって、アンチがいっぱいついて、辛くて自殺しちゃったの。


あなたにはそんな風になってほしくないんだ。ごめんね、夢を否定されるって辛いよね。本当にごめんね。
━━━━━━━━━━━━━━━
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
…喧嘩しちゃった…
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
ゆな姉……嫌われちゃったかな…
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
…もう、やだなぁ
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
寝よう…




真っ白な景色
霧が立ち込めていて、何も見えない
でも、なんとなく進んだ
呼ばれてる気がした
???
???
ねぇ?
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
えっ!?
突然声を掛けられて、驚いて転びそうになる
???
???
おっとっと、大丈夫?
聞き覚えがある。

この人の声を、沢山聞いている気がする。
???
???
…?
霧で何も見えない。

だけど、この声、知ってる。
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
莉犬…くん…?
その名を呼ぶと、サァーっと霧は無くなり、会いたいと願っていた人が見えた。
莉犬くん
莉犬くん
!…君、前の…
莉犬くん
莉犬くん
良かった、また会えた…
そう言って

安心したように私の身体を抱き締める
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
……
え?
気付いたのは数秒経ってからだった
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
えぇぇぇ!?
推しに!?推しに抱き締められてるんだけど!?
莉犬くん
莉犬くん
ど、どうしたの?
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
本当に、莉犬くん…?
莉犬くん
莉犬くん
うん、本物
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
やばいやばいやばいやばい
莉犬くん
莉犬くん
ん?何がやばいの?
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
いやっ、い、え?いやっ
莉犬くん
莉犬くん
お、落ち着いて?w
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
だって…推しに抱き締められてるんですから…
莉犬くん
莉犬くん
あっ、そっか…ごめんね?

と、言いながらも離さない莉犬くん













なんで!?
莉犬くん
莉犬くん
君、名前は?
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
あ、え、えっと、あなたです…
莉犬くん
莉犬くん
そっか、あなた、よろしくねニコッ
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
っ…は、はい…
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
ここ、夢ですよね…?
莉犬くん
莉犬くん
多分ね
莉犬くん
莉犬くん
なんでこんな所にいるんだろうね?
ようやく私を解放して、私の両手を握って莉犬くんは言う
莉犬くん
莉犬くん
運命ってやつかな?ニコッ
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
っ///
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
そんな平気な顔で、凄い冗談言わないでくださいよ…//
莉犬くん
莉犬くん
あははっw
莉犬くん
莉犬くん
あなたって面白いねw
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
(わ、笑われた…)
莉犬くん
莉犬くん
いい意味だよ?w
あなた可愛いしね
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
なっ//
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
だからそんな普通の顔で冗談をっ//
莉犬くん
莉犬くん
冗談じゃないし…w
莉犬くん
莉犬くん
あなた可愛いよ?
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
むぅ…
莉犬くん
莉犬くん
ははっw
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
莉犬くん…は
莉犬くん
莉犬くん
ん?
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
目が覚めても、私の事、覚えてますか?
莉犬くん
莉犬くん
うん、絶対覚えてる!
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
そう、ですか


その時、段々と周りが暗くなってくる
莉犬くん
莉犬くん
あ……お別れかなぁ…
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
また、会えますか…?
莉犬くん
莉犬くん
きっと会えるよニコッ


夢の中…なら、何してもいいよね?

ぎゅぅ
莉犬くん
莉犬くん
わっ、急にどうしたの
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
ごめんなさい、目、覚めちゃいそうだから…夢の中だから…ちょっとだけ……
莉犬くん
莉犬くん
ふふwいいよ


そう言って、莉犬くんは優しく抱き締め返してくれた。



安心する…
周りは、もうほとんど暗い、何も見えない程だ


あぁ、お別れだ。

そう思った時
莉犬くん
莉犬くん
また会おうね、あなた

そう耳元で囁かれた
雨里 (なまえ)
雨里 あなた
ドキッ