無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
403
2021/08/03

第7話

第5話
あなた
……
あなた
はぁ、嫌なこと思い出しちゃった
あなた
もう、あの頃みたいに仲良くなれないだから、
あなた
チッ、




……




あなた
はー、なんかムカついてきた。ケンカしに行こー♡



〜宮崎あいり視点〜




宮崎あいり
……は、?
宮崎あいり
もも、さんが消えた、?


なんで、あいつ、












あいつ逃げやがって、















あいつが蹴られてる姿が好きだったのに、


















意味わかんない。

















まっ、いっか。別にあいつが消えようと、私の生活には支障はないし♡


















はぁ〜、あいつどうしてるかなぁー?



























〜宮崎あいり視点終了〜




〜あなた視点〜




もぶ
や、やめ、ろガハッ、ゲホ
あなた
ふう〜、スッキリした



「_____________!!!」

「______________///」
あなた
ん?、あっ、



そこにはバイクに乗ったマイキーが居た。







そして、後ろにはあいりを乗せて楽しそうに話していた









あなた
っ、
あなた
(あの席は、私だけの特等席だって言ってくれたのに……)








ポロッ








あなた
あれ、なんで泣いてんの、私……
あなた
あいつらは、私を裏切ったのに、





マイキーとの思い出が頭をよぎる


























あなた
(楽しかったなぁ、″あの頃″は)







″あの頃″はただただ喧嘩ばっかして、みんなでバイク乗って、海辺を走って、……



















バコッ













私はいつの間にか自分を殴っていた



あなた
っ、いてぇ、



馬鹿だなぁ、私、こんなんことで落ち込んで、


















私はもう、あそこには行けない。、


































~𝓯𝓲𝓷~