無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

放課後と昔の話
       放課後
あなたside
莉犬
莉犬
あなたちゃん!一緒に帰ろ!
あなた
あなた
そうしたいのは山々なんだけど、今日ちょっと用事があって(~_~;)
ごめんね?
るぅと
るぅと
全然いいですよ〜
ころん
ころん
じゃあ、また明日なぁ〜!
あなた
あなた
うん!ばいばーい(*´∇`*)
…はぁ、みんなと一緒に帰りたかったなぁ…
       空き教室にて 
幸長友実 (よしながともみ)
幸長友実 (よしながともみ)
あぁ!きたきたぁw
あなた
あなた
で、どうしたの?
幸長友実 (よしながともみ)
幸長友実 (よしながともみ)
ちょっとお前さぁ、すとぷり様に近づきすぎじゃね?
あなた
あなた
えぇ…じゃあ、友実ちゃんも一緒に話せばいいじゃん
てか、すとぷりって誰や…
幸長友実 (よしながともみ)
幸長友実 (よしながともみ)
そういうことじゃねーんだよ💢[押し倒す]
鈍感にも程があるわ[蹴る]
あなた
あなた
いたっ[こける]
幸長友実 (よしながともみ)
幸長友実 (よしながともみ)
これ以上近づけばどうなるか分かってるでしょうね、覚えておきなさいww
ピシャ[ 友実が教室から出てドアをバァーンw]
あなた
あなた
いたたたた…こりゃひどいな….
ゲホゲホ…はぁ…てか、なんで転校初日から虐められてんのw…ゲホゲホ
はぁ…帰って手当てしよ….
あ、あとすとぷりのことも調べなきゃね〜
家に着いたよ_(┐「ε:)_
あなた
あなた
ただいま〜って誰もいないんだっけ…
ちょっと寂しいな…
回想シーン_(:3 」∠)_


これは、高1の4月にさかのぼる…
あ、今は高2の5月よ〜
で、その前に私は中学受験をして、中1から高3まで繋がっている◯△学院附属中高等学校に入学したのだが、中学の時はなかなか周りと馴染めずずっと1人だった。



そして、高1になった私は、
前のあなた
前のあなた
まぁ、外部生もいるし、大丈夫でしょww
という甘い考えしかなかった。









しかしそれは違ったのだ。
みぃ
みぃ
はい!今日はここまで!あなたちゃんの過去を勝手に作りました笑笑頑張って考えて書いてるから❤️とか、お気に入りとかして欲しいなぁ…なんてね笑笑
るぅと
るぅと
欲張りですねww
みぃ
みぃ
え?!ww
みぃ
みぃ
ま、まぁ!とりあえず、
せーの!
すとぷり
すとぷり
おつみぃ!
あなた
あなた
おつみぃ!
みぃ
みぃ
おつみぃ!