無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

435
2020/10/09

第6話

5話 再開
今日はすとぷりのみんなで遊園地に来てます
マフィアなのに外で遊んでもいいのかって?
それはそれ これはこれって言うことで
みんなで楽しく遊んでます
ころん
ころん
゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚
観覧車だ〜
莉犬
莉犬
ころちゃん走ったら危ないよ〜
るぅとくん
るぅとくん
そう言う莉犬も 走ると危ないですよ
ジェル
ジェル
元気やな〜
さとみ
さとみ
普通観覧車でそこまで興奮するか?(笑)
なぁ なーくん
ななもり
ななもり
゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚
観覧車だ........
ジェル
ジェル
そうでも無いみたいやな(笑)
さとみ
さとみ
だな(笑)
あなたちゃんは楽しんでるか?
あなた
あなた
うん 遊園地なんて来た事ないから........
あったとしても忘れてるし
さとみ
さとみ
そっか........
ころん
ころん
ねぇねぇなーくん
みんなで観覧車乗りたい
るぅとくん
るぅとくん
でもさすがに1つの観覧車に
7人は多いんじゃ........
莉犬
莉犬
じゃあ3人ずつ乗ってどっちかに
あなたちゃんが乗るって言うのはどう?
ジェル
ジェル
それええな
さとみ
さとみ
どうする?
あなた
あなた
私は1人でも全然
ななもり
ななもり
せっかくだし一緒に乗ろ
あなた
あなた
じゃあ なーくん達と一緒に乗るよ
ころん
ころん
じゃあ決まり〜
莉犬
莉犬
ころちゃん待ってよ〜
るぅとくん
るぅとくん
2人とも走ると危ないですよ
ななもり
ななもり
俺達も行こうか
さとみ
さとみ
そうだね
ジェル
ジェル
せやな
あなた
あなた
うん
そうして私達は観覧車に乗った
観覧車から見た景色はとても綺麗で
とても美しかった
そんな時ふと懐かしい記憶が蘇る
白髪の男の子と一緒に観覧車に乗った思い出を
ぼーっとしてるとジェルくんが声をかけてくれる
ジェル
ジェル
どないしたん?
あなた
あなた
ううん なんでもない
さとみ
さとみ
でも 涙がこぼれそうになってるよ
(指でそっと拭う)
あなた
あなた
ん ありがとう
ななもり
ななもり
なんか思い出した?
あなた
あなた
うん........ 白髪の男の子と
一緒に観覧車に乗った事があるみたい........
ジェル
ジェル
それってもしかして........
あなた
あなた
わかんない でもとても懐かしかった........
さとみ
さとみ
そっか........
ななもり
ななもり
会えるといいね お兄さんに
あなた
あなた
うん
そんなこんなで話をしていると
あっという間に終わってしまう
ころん
ころん
楽しかった〜
莉犬
莉犬
うん すごく綺麗だったねぇるぅちゃん
るぅとくん
るぅとくん
はい とても綺麗でした
ジェル
ジェル
せやな
さとみ
さとみ
すごく綺麗だったね
ななもり
ななもり
また時間のある時来ようね
すとぷり
すとぷり
うんッ(なーくん以外)
るぅとくん
るぅとくん
あなたちゃんどうしたんですか?
あなた
あなた
え?
莉犬
莉犬
なにか あったの?
あなた
あなた
ううん なんでもないよ
るぅとくん
るぅとくん
そうですか?
莉犬
莉犬
ならいいんだけど........
ころん
ころん
ねぇねぇなーくん(小声)
ななもり
ななもり
ん?
ころん
ころん
もしかして記憶戻ったとか?(小声)
ななもり
ななもり
いや 完全にじゃないみたい
ただ恐らくお兄さんと観覧車に乗った事が
あるみたい(小声)
ころん
ころん
ふーん(小声)
あなた
あなた
2人とも心配してくれてありがと
ころん
ころん
あ〜あ なんか喉乾いたから
ジュースでも買ってこよっと
ついでにみんなのも買ってきてあげてもいいよ?
ななもり
ななもり
じゃあ ぶどうジュース
ジェル
ジェル
オレンジジュース
さとみ
さとみ
お茶でいいや
莉犬
莉犬
はい はい りんごジュース
るぅとくん
るぅとくん
僕はなんでもいいですよ 任せます
ころん
ころん
聞いたのはいいけど 1人じゃ運べなさそうだな
そうだあなたついてきてよ
あなた
あなた
え!?
ころん
ころん
いいから行くよッ
あなた
あなた
あっ........うん
--------キリトリ線--------
私が落ち込んでいると ころんくんに
誘われて自動販売機に来ていた
彼なりに気を使ってくれたんだろう
あなた
あなた
ありがとう........
ころん
ころん
なにが?
あなた
あなた
ころんくんなりに 気を使ってくれたんだよね?
ころん
ころん
別に そんなんじゃないよ
ただ単に荷物持ちが欲しかっただけ
あなた
あなた
(クスクスと笑う)
ころん
ころん
なんだよッ!!!
もう 戻るよッ!!!
あなた
あなた
あっ 待ってッ!!!
その時誰かにぶつかってしまう
あなた
あなた
........ッ
ごめんなさい怪我ないですか?!
まふまふ
まふまふ
........見つけた
あなた
あなた
へ?
今この人見つけたって........
まふまふ
まふまふ
あなた........
あなた
あなた
なんで........私の名前を........
ころん
ころん
おい お前誰だよ
そいつから手ぇ離せ........
まふまふ
まふまふ
そらるくんッ!!!
そらる
そらる
わかってる
........ッ!!!(回し蹴り)
ころん
ころん
........ッ!!!
痛ってぇ なにするんだよッ!!!
そらる
そらる
お前には関係ない
ころん
ころん
関係なくないんだよ あなたは僕達の仲間だッ!!!
あなた
あなた
ころんくんッ!!!
まふまふ
まふまふ
そらるくん あなたお願い
そらる
そらる
........うん
あなた
あなた
離してッ!!!!!!
ころん
ころん
あなた........
まふまふ
まふまふ
........ッ(ころんの手を踏みつける)
気安くあなたの事呼ばないでくれますか?
あなたは僕の妹なんです
ころん
ころん
........な!?
すとぷり
すとぷり
ころんくん(ちゃん) ころん以外
そらる
そらる
まふ........そろそろ
まふまふ
まふまふ
それじゃ あなたは貰ってきます
どうしても返して欲しければ
どうぞ取り返しに来てください
そらる
そらる
バイバイ Strawberry Prince
--------キリトリ線--------
(作者)
いやだいぶ長くなってしまった
というか 切るところが見つからなかった
という訳でついにあなたちゃんの
兄が登場しました いや熱くなってきましたね
それじゃ次回もお会いしましょう
すとぷり
すとぷり
おつぷり〜