無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

477
2020/09/25

第4話

3話 自己紹介
なーくんside
ななもり
ななもり
さてと会議を始めようか
るぅとくん
るぅとくん
........
ころん
ころん
るぅとくんまだ悩んでるの?
もういいじゃん 知らなかったんだし
これから気をつければいいじゃん?
莉犬
莉犬
そ そうだよるぅちゃんなんも悪くないよ
るぅとくん
るぅとくん
うん........
ジェル
ジェル
あの子の処遇をどうするか
まずみんなの意見聞こか
さとみ
さとみ
いや もうみんな決まってるでしょ
ななもり
ななもり
そうだね
るぅとくん
るぅとくん
はい........僕もさっきの聞いて
決めました
さとみ
さとみ
じゃあ次は誰のそばに置いとくかだね
ななもり
ななもり
それなんだけど 俺が見ようかなって思ってるだ
拾ってきて仲間に入れようと思ったのは俺だし
それにあの子ナイフ術がすごいから
普通に慣れてきたら戦闘員で入れても
いいと思うんだよね
ジェル
ジェル
まぁたしかになーくんにかすり傷
追わせたくらいだしな
ころん
ころん
でもそれだとさなーくん危ないんじゃない?
まだ決まった訳じゃないけどさ
可能性として別のマフィアにあの子の
お兄さんがいてその情報が漏れたら
絶対取り返しに来るよね?
すとぷり
すとぷり
(   ・д・   ポカーン…(ころん以外)
ころん
ころん
な なに
ななもり
ななもり
いや珍しくころちゃんが
まともなこと言ってるなと思って
ころん
ころん
え? なに!?俺そんなに信用ないの!?
ななもり
ななもり
まぁでもそこら辺はセキュリティに強くて詳しい
るぅとくんに任せるよ
あとは みんなを信じる
すとぷり
すとぷり
YesBOSS(なーくん以外)
--------キリトリ線--------
あなたside
ななもり
ななもり
という訳で 今日から君は俺たちの仲間で
当分は俺の目の届く範囲で生活してもらうよ
あれから何分たっただろうか
私はこの紫髪の男に拉致られ
生と死の狭間で処遇を言われるのを待ち
戻ってきたと思ったら 仲間になれと言われ
もう私はどうしたらいいのでしょうか
神様教えて下さい
るぅとくん
るぅとくん
あの〜聞いてますか?
あなた
あなた
え? あっ........うん
ななもり
ななもり
じゃあそういう事でまずはお互い
自己紹介をしようか
俺はななもりみんなからはなーくんって
呼ばれてるよ
一応このマフィアのBOSSだよ よろしくね
ジェル
ジェル
俺の名前はジェル
みんなからはジェルとかジェルくんって
呼ばれてんで よろしくな
さとみ
さとみ
俺の名前はさとみ
みんなからはさとみとかさとみくんとか
さとちゃんって呼ばれてるよ
好きに呼んでね
莉犬
莉犬
俺の名前は 莉犬って言うよ
みんなからは莉犬って呼ばれてるよ
よろしくね
ころん
ころん
ころんですよろしく
莉犬
莉犬
ちょっともっと他にも話すことあるでしょ!!
ころん
ころん
ない
るぅとくん
るぅとくん
はぁもういいです僕行きますよ
僕の名前はるぅとって言います
みんなからは るぅとくんとかるぅちゃんって
呼ばれてます
それと........さっきは辛いこと
思い出させちゃってごめんなさい
仲良くしてくれると嬉しいです
あなた
あなた
ななもりさんにジェルさんにさとみさん
莉犬さんにころんさんにるぅとさん........
よろしくお願いします
私の名前はあなたって言います
その名前以外何も覚えてなくて
よろしくお願いします
ななもり
ななもり
それと仲間なんだし敬語とかいらないから
あなた
あなた
え? でも........
ジェル
ジェル
ええねん ええねん
タメで行こうや
さとみ
さとみ
そうそう
るぅとくん
るぅとくん
そうですよ
莉犬
莉犬
うんうん😊
ころん
ころん
まぁゆっくりでいいよ
僕達も強要はしないし
あなた
あなた
えっと........はい じゃなくて
うんッ(ニコッと笑う)
すとぷり
すとぷり
(心 笑顔かわいい........)
--------キリトリ線--------
(作者)
今日はこの辺で終わります
いや〜これからどうなるんでしょうね
無事にあなたちゃんの記憶が戻るのか
そして戻ったあとどうやるのか
楽しみです
それじゃまたお会いしましょう
すとぷり
すとぷり
おつぷり〜