プリ小説

第31話

エピローグ
1年が経ち、俺達は3年になった
GAME開催されず平和な日々を過ごしている


俺達のクラスには不登校の人もいて、机が
寂しく空いているところもある。
9月1日の放課後…
白鷺拓海
三浦友哉に鹿島瑚子。
偶然にも同じになった白鷺拓海が帰ろうと
していた俺と瑚子を引き止めた。
鹿島瑚子
何さ。
三浦友哉
さっさと帰りたいんだけど…
白鷺拓海
明日から始めるよ。
白鷺は楽しそうに笑うと、瑚子の肩に手を
置き何か囁いている。
鹿島瑚子
何でアンタがそれを…!!
白鷺拓海
あたり前でしょ?DEATH GAME
のリーダーはこの僕だし。
三浦友哉
話に全くついていけない…
白鷺拓海
そのうち分かるさ。
白鷺は瑚子を横目で見るが、瑚子は舌を出し
そっぽを向く。
三浦友哉
へぇ…
鹿島瑚子
私達は負けない。
白鷺拓海
まぁ、頑張ってよ。あの眠り姫
が自ら犠牲になってまで残した
君達には少しは期待してる。
僕は助け合いなんか望まない。
命令により人間同士で争うんだ
……殺し合い、でさ?
三浦友哉
お前、マジ嫌い。
鹿島瑚子
ムカつく〜、ばいばーい!
瑚子が出て行き、俺はそれを追いかけた。




















…………DEATH GAME、ねぇ。
そんなことを思いながら僕は家へ。
家に着き自室に入ると、何台ものパソコンを
起動させた。既に何件も準備完了のメールが
パソコンに届いている。
DEATH GAMEは終わらない。僕を殺し、全国
にあるDEATH GAMEを操作するパソコンを
破壊しない限り。
君達はどう戦う?
生きるために人を殺す?
それとも、誰かを生かすために死ぬ?
そんなの僕には分からない。
このGAMEは人の醜い部分を曝け出す。
あの投票だと…武満咲玖とかがいい感じに
なっていたなぁ…自分の欲に従順なやつ。
白鷺拓海
…終わりは次の始まり。1回戦目
は神崎舞の勝ちだったけど…
…2回戦目はこの僕が勝つ。
大人の対象は29歳まで。残りのやつらは自分
の子供が必死になって戦うのを見ときなよ。
自分の子供が壊れて、人をどんどん殺してく
のを見たら、自殺者も出そうだね…


猛。これからもっと面白いGAMEを僕が実現
させてあげるよ。だから、地獄からしっかり
と見ててよ…
白鷺拓海
後継者の死神は未だ昏睡状態。
さぁ、君達はどうする?
僕はそう呟き、Enterキーを押した…
ピロンッ♪
その時、日本に住む中学1年生から29歳まで
の大人の携帯が一斉に鳴り響いた。
09/01 18:00
To:GM
title:Return
これからDEATH GAMEを始めるよ!

開始時刻は明日の8時半から。
対象は中学1年生から29歳の大人まで。

学生は絶対に学校に登校すること。
これを見た大人は近い公園に集まること。
守らないと罰を与えます。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品をお気に入りにしてくださっている方 ありがとうございます!! こんにちは!✨舞✨です! 更新日の目標:1日1話 《連載中》 『神は僕達を見捨てました』『僕の夢は未来の世界』 『下剋上教室 2学期』(下剋上教室の続きで書いています) 《休載中》 『GAME OVER』 《完結》 『DEATH GAMEシリーズ』 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『DEATH GAME Return』『君達の投票で命は決まる』 『死神の後継者』『学校閉鎖』『天才ゲーム』 『下剋上教室』 専用タグ↪︎✨舞✨ 主に👻ホラー👻を投稿します! いつも僕の作品にいいね!やコメントをしてくれる方 ありがとうございます! 応援のコメントを読んでいると物凄く嬉しくなります! 『✨舞✨の掲示板』 主に僕の作品の連絡、紹介などをしたいと思います! あらすじ等も作品よりも詳しく書く予定です!