プリ小説

第28話

僕の記憶 side真
咲玖にスマホを投げられ、それを追いかけ
壁を越えた僕。送信ボタンを押すと、スマホ
は投げ返し僕の体は落下していった。
藍川真
…最後に笑うのはこの僕だ。
そう呟く。
珠莉が死んだ昨日、僕は瑚子にこう言った。
「僕は瑚子と友哉を生き残らす。」って。
これで結果オーライ、僕は自殺になるけど、
ルールにはOKと書かれていた。
やがて、貯水庫の水面にぶつかる。
水面は鉄のように硬く、全身がとんでもなく
痛めつけられた。
遠のいていく意識。すると、花火の光が当た
り、水面が赤く光った。
途端に脳内に流れ込む忘れていた記憶。


そうだ…僕は父さんが嫌いだったんだ……
水槽に入れられた僕。水槽の中にどんどん水
が入っていき、僕は枷を足につけられ、外に
出ることが出来ない。水の中で息を止めてる
と蓋が開けられ、コードのようなものを水槽
に入れて蓋を閉められた。
水槽のガラス越しに見える笑う父さんの顔。
その顔は歪んでいた。
父さんは手元にあった赤いボタンを押す寸前
にこう言った。
父さん
…実験開始だ。
え…?実験…?
そんな思考を掻き消すように、水槽内に電流
が流れ始めたのだ。
痛くて痛くて、水を通して身体中に電流が
流れている気がした。
必死に水槽を叩いても電流を止めない。
何で…!何で僕がこんなことに…!!
その瞬間、僕の中の悲しみは怒りに変わる。
息が続かなくなり、空気を泡を吐いた時に
電流は止められた。赤く染まる景色を見て、
僕は意識を手放した…
意識を取り戻した時、僕は父さんに抱きしめ
られていた。
藍川真
え…?
父さん
真…よく頑張ったな。
その声は優しくさっきとは大違い。
父さん
実験は成功だ…
藍川真
……。
僕の目を見て、そう言った父さん。
入っていた水槽が目に映る。
あ、れ……?
黒髪黒目で生まれてきた僕。なのに、水槽に
映る目は…赤い。
藍川真
父さ、ん…?何で僕の目……
父さん
目か?真、お前は特別な人間に
なったんだ。
藍川真
特別…?
父さん
ああ、人の本心を読み取る能力
と炎を操る能力だ。
藍川真
は…?そんなの嫌だ!!そんな
の要らないから元に戻して!!
必死に訴え、諦めた父さんは能力を封印する
元の目の色と同じカラーコンタクトを作って
くれた。
その謎の実験以降、僕と父さんの会話は消え
父さんに話しかけられても無視していた。
初めて人に対して死んで欲しいと思った。
僕の中で父さんはゴミ以下だ。


何回も自分の目が嫌いで、何回も自分の目を
えぐり取ろうと思ったけど勇気が無くて。
段々お風呂や寝る時にもカラーコンタクトを
付け続けるようになって…
全部思い出した……
あの後、自殺しようと道に飛び込んだ時に
実験体が死ぬのは困るゴミが代わりに轢かれ
母さんと姉さんも巻き込んだんだ…


死んだ時に母さんと姉さんの死のショックで
僕は記憶喪失。何年もカラーコンタクトを
つけたまま生活ってことねぇ…
全てを思い出した自分を嘲笑いながら、僕は
水中で目を閉じたのだった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品をお気に入りにしてくださっている方 ありがとうございます!! こんにちは!✨舞✨です! 更新日の目標:1日1話 《連載中》 『神は僕達を見捨てました』『僕の夢は未来の世界』 『下剋上教室 2学期』(下剋上教室の続きで書いています) 《休載中》 『GAME OVER』 《完結》 『DEATH GAMEシリーズ』 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『DEATH GAME Return』『君達の投票で命は決まる』 『死神の後継者』『学校閉鎖』『天才ゲーム』 『下剋上教室』 専用タグ↪︎✨舞✨ 主に👻ホラー👻を投稿します! いつも僕の作品にいいね!やコメントをしてくれる方 ありがとうございます! 応援のコメントを読んでいると物凄く嬉しくなります! 『✨舞✨の掲示板』 主に僕の作品の連絡、紹介などをしたいと思います! あらすじ等も作品よりも詳しく書く予定です!