無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

さん.🕊𓂃𓈒𓏸





In the classroom




あなたさいど




阿部「はいはーい。みなさーん、席ついて下さーい。改めまして1年Ⅱ組担任数学科担当の阿部亮平です!じゃあ出席番号…1番の人らかって言おうとしたけど可哀想だから1番さんと32番さん!ジャンケンしよ!勝った方からね〜」




classmate「「「工エエェェ(´д`)ェェエエ工!!?!」」」



でたよ、こういう公平なんだか
不公平なんだかわからない方式←
とりあえず32番の方、負けてください🙏←





classmate「「「最初は✊じゃぁーんけーん」」」



1番/32番「「ぽいっ!(1番→✋/32番→✋)」」



classmate「「「ガクブル(((ノ)゚Д゚(ヽ))))ガクブル 最初は✊じゃぁーんけーん!??」」」



1番/32番「「ぽいっ!(1番→✌/32番→✊)」」



阿部「どっち勝った?32番の人?じゃあ四谷さんからですね。お願いします😊自分の名前と、生年月日、兄弟も聞くか〜、いない人はひとりっ子でラッキーってことで!(←?)好きな教科、これからの学校生活についてお願いしま〜す」



おわた。しんだ。つんだ。

あーあーあー。別に四谷さんに恨み?
そんなの全く無いです。
私、26番よ?割とすぐ来るじゃん。。
でもすぐ終わらせたほうが
よきだよー的なやつ?
そんなことない??



阿部「じゃあ次、26番の村上さん。立ってください!」



あなた「え、?あ、はい。(察し)」



阿部「自己紹介、お願いします!」



あなた「はっはい!えと、村上あなたです!2007年10月20日生まれで1個下の弟がいます。好きな教科は、、社会です。この学園は全寮制なので特に女子の皆さんとは多くの時間をこれから過ごしていくことになりますが、よろしくお願いします!」



阿部「はーいありがとうございました〜」





一通り自己紹介を終え𓂃 𓈒𓏸◌




??「あの、村上あなたちゃん…であってますか??」



あなた「はい、、あっ浜辺美波ちゃんですよね!」



美波「そうです!おんなじクラスですし、タメ口にしませんか?」



こんな可愛い子が同じクラスに、、。
男子、恵まれたな←いや、誰



あなた「わかった!じゃあ美波ちゃん、改めてよろしくね!」



美波「こちらこそ、あなたちゃん。よろしくね!」




村上あなた。なんとか学園生活無事に送れそうですw














ねくすと→