無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

にじゅーに.🕊𓂃𓈒𓏸





あなたさいど





真都に身長を抜かされショックを受けた日から約1週間←早





私村上あなたは帰省を終え、宿舎に帰りますた!




ただ、部屋が広く感じる。



そう。美波が今帰省してるから宿舎が1人部屋!



広いけど、やっぱいないと寂しい。



で、今は1人で





あなた「うぅ〜…」





大量の宿題に
悩まされております(白目)←だから早めにやれって言ったのにByあべべ



特に社会(白目)





あなた「聞きに行こっかなぁ〜てかいるのかな〜…」





まぁグダグダ言い訳を言ってる暇はない。
だってお盆前には終わらせたい(もう一度帰る予定)



深澤先生がいるであろう職員室から攻めてみる!





あなた「失礼します!えとー…深澤先生っていますか!?」



岩本「お〜、村上〜。深澤?ここにはいないな〜」



あなた「そうですか…いる可能性があるのってどこですか!?」



岩本「えぇ〜、どこだ…」



松村「社会準備室じゃね?」



阿部「可能性高いよね」



岩本「えー、社会準備室らしいよ〜w」



あなた「岩本先生、松村先生、阿部ちゃん先生ありがとうございます!」



松村「はーい」



阿部「これ、先生にちゃん付とはw」



あなた「女子より可愛いところがあるからです←」



阿部「………」



岩本「はーいw」



松村「笑っちゃってんじゃんw」



あなた「え、なんかすみません…??」



岩本「村上が謝ることじゃないんだけどねww」



あなた「はぁ…??とりあえず失礼しました〜」





社会準備室か……
やばい、、
迷子になりそう←そっちか



そしてなんとか……





あなた「つ、ついたぁ…」





なんやかんやでつきました()



でも中から深澤先生の声と男の人の声先輩(?)が聞こえる。



でもここでためらってらんない。



だって私の宿題がかかってる((重要





あなた「失礼します…深澤先生いますか…??」



深澤「はーい、、って村上?どうしたの?」



??「深澤先生〜ここわかんn…誰っすか??」










ねくすと→
話し方で"??"の人わかりそう←