無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

さんじゅーに.🕊𓂃𓈒𓏸





深澤さいど





夏休みが始まってからというもの、
何かが足りない。((?



やっぱり…





深澤「村上に会ってないからかなぁ…



岩本「どしたふっか」



深澤「いやなんも…」



阿部「今“村上”って聞こえたの気のせいかな」←



深澤「!?きっ!気のせいだよ!!」



阿部「ふーん…」





やばい、これ阿部にバレたらやばいやつ((



そんな時





目黒「失礼しまーす、深澤せんせーいますかー?」





目黒、またの名を補修常習犯((え
が職員室に来た。




深澤「お、目黒。遅えよ来るのw」



目黒「さっきまで寝てました」←



深澤「お前寝すぎwほれ、さっさと終わらすぞ」



目黒「ふぁい…」





眠そうな目黒を職員室の中に呼んで少し残っていた問題に取り掛かった。





_____約1時間後





目黒「ねぇ〜深澤先生(泣)鬼過ぎてますって〜(泣)」



深澤「お前がしっかり勉強していればこれそこまで難しくねぇぞ?」





そんな調子で補修をしていたとき、





目黒「あの、深澤先生。そこに女子が…





そう目黒が目線を向けた先には





深澤「あれ、浜辺じゃん。どうかした?」



美波「あ、深澤先生。渡辺先生いますか??部活終わり呼ばれてて。」



深澤「あ。そうなの。そこにいるから呼ぶよ。」



美波「ありがとうございます!」




浜辺が来たから、村上も一緒にいるのかな〜って思ったけど、、



どうやら一人らしい。





目黒「ばけものせんせー、その子誰ー?」





……しっかりいじってくんじゃねぇかこいつ←えへBy作者



深澤「バケモノじゃねえし、wとりあえずあとでな?渡辺先生呼ぶから」



渡辺「呼んだ?」



深澤「あ、翔太。浜辺が」



渡辺「あぁ、こっち来てくれる?」



美波「あ、はい!」



目黒「で、さっきの子、誰でしたっけ?」





普段女子に興味のきの字もないような目黒がさっきから聞いてくるのが不思議なんだよな〜…



まぁいっか…?





深澤「この間お前が補習で準備室来てたときに質問に来た村上の友達だよ。」









ねくすと→
さくしゃ。
さくしゃ。
新作同時発表組((
さくしゃ。
さくしゃ。
チャレンジ作品
応募予定小説
さくしゃ。
さくしゃ。
お祭りすみません(白目)