無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

にじゅーご.🕊𓂃𓈒𓏸





あなたさいど





深澤『ほら!あなた。こっちおいで?』



あなた『先生!はいっ!((ギュ』



深澤『可愛いなぁ…あなた



あなた『…先生?』



深澤『ん?』



あなた『何か言いましたか?』



深澤『いや?ほら、もっとこっちおいで』



あなた『はい///』





幸せだなぁ……



これ、現実かなぁ…





美波「…よ!……?…はよ!!ねぇ!!おはよ!あなた!今日だよ!花火大会!!」



あなた「……んー…おはy…💤」



美波「んも〜!おぉーきぃーてぇっ!!((バサッ」



あなた「んぎゃっ!…いたたた…おはよ(寝ぼけ)





すごく幸せな夢だったなぁ…朝から。



あんなの現実なわけ無いかw



期待しちゃいけないなぁ…





美波「やっと起きた…よし、浴衣の着方、マスターしよう。」





あぁ…そうだったわ、



美波も私も浴衣の着方は全く知らない。


でも着たいんですよね、浴衣ww





美波「ここをこうしてさ……」



あなた「え?違くない?」



美波「そう??」



あなた「わかんないよっ!」



??「どうしたの〜?廊下ですごい声響いてたけど」



美波、あなた「「橋本先生!!」」



橋本「あ、今日の花火大会で浴衣着ようとしてるの?」



美波「そうなんですけど…」



あなた「着方がわからなくて…」



橋本「教えてあげようか??」



美波「神降臨だわ( ;ᯅ; )」



あなた「橋本先生大好きです( ;ᯅ; )」



橋本「2人とも大げさだなぁw」



美波「そのくらい偉大です😊」



あなた「ここがよくわからなくて…」



橋本「あぁこれね〜ここはこうして……っと」



あなた「ほぉー!!」



美波「先生も浴衣、着るんですか!?」



橋本「着ようかな〜とは思ってるけど…」



あなた「着てください」←



橋本「わぁお、強制かな?」←



美波「先生絶対可愛いもん」←



橋本「んじゃ着ようかな」



美波、あなた「「やったぁ!!」」





無事、浴衣も自分たちで着れるようになりますた!



あとは、夕方を待つのみ!





深澤先生…

会いたいです…


浴衣姿、見てもらいたいな…









ねくすと→
日本語力どっかいっちゃた…By作者