無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

にじゅーいち.🕊𓂃𓈒𓏸





あなたさいど





今日から夏休みです!





村上あなたは帰省してまっす!
(宿題まだ手を付けてないっすw←早めにやれよ?Byあべべ)





で、目の前にははしゃいでる方々がいます(白目)





真都「おねーちゃーん!!」



あなた「も〜なによ〜w」



真都「ぎゅーってして?((おめめきゅるるん





こんな目をされたらしないわけないじゃないw
可愛い弟持てて私は幸せだよ…((遠い目




あなた「しょーがないなぁーwほいっ!おいで!」





しょうがないなとか言ってるけどねw
本心嬉しいっすw
ツンデレかなw私ww



あとね、ちょっとね、うん。



気になることがある。





あなた「あのー…さ、真都、ちょっと離れてみ?」



真都「???」



あなた「私の隣り立って??」



真都「???」



あなた「ママ、ちょっと写真撮ってくれる??」



母「ん?いいけど??」





私は真都と一緒にママに撮ってもらった写真を見た。





真都「どうかした??」



あなた「私が入学するちょっと前までは同じくらいの身長だったのに…」



真都「僕身長伸びたでしょ!」



あなた「あぁ〜!可愛い弟でいてくれよぉ〜(泣)」



真都「えぇ〜お姉ちゃんw」





そうです…
真都に身長抜かされました…



ちょっとショック…
前言撤回。
ちょっとどころじゃなくかなりショック( ˟꒳˟ )





真都「でも僕はずーっと可愛い弟だよ??((バックハグ



あなた「中身は一生そのまんまでいてくれぇ〜」



真都「えへへぇ(*´ ˘ `*)」



母「Σp[【◎】]ω・´)パシャリ✧(連写)」



あなた「後でLINEでプリーズ🙏🏻」



母「(*>ω<)b」





ブラコンかてw


みんなに自慢しよ←え




この日の夜は意味がわからんくらいの量の夕飯でました(白目)
でも美味しかったし、嬉しかったから良しw



寝るときは

ママ
──
あなた
──
真都

で川になって親子仲良く寝ましたw
朝起きるとき2人に潰されてました…🤦🏻‍♀








ねくすと→
駄作過ぎてない?やばいて