無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第38話

さんじゅーご.🕊𓂃𓈒𓏸





久々のあなたさいど






賑わってるなぁ〜



全寮制だからそんなに
生徒は多くないと思ってたけど、
中高一貫校ということもあって
中学生だけじゃなく、高校生も高等科の先生達も
来てるからいつもの倍くらいの人数が
中等部のグラウンドに集まっていた。





あなた「こんなに人いたら
すぐに迷子になっちゃいそう」



美波「にしても多いね〜人」



向井「浴衣着てる人も多いな〜」



佐久間「2人も着てるよね!」



美波「そう!着方わからなくて朝早起きして
頑張ったんだ〜!ね!あなた!」



あなた「おかげで朝叩き起こされました〜」



田中「2人とも可愛いよ。な!目黒っ!」



目黒「ッッ///お、おう」





ん?なんで目黒先輩顔赤いんだろう…?



提灯のせいかな…?



それとも……



美波に惚れたとか!?!?←は?by美波



美波可愛いし浴衣は普段の3割増しって言うし!!



絶対そうだ←違うよ?落ち着いてあなたby美波



にしても深澤先生かっこよかったなぁ〜…



浴衣、似合ってたなぁ〜…



これぞ、"THEオトナの男の人"って感じで。



もう1回会えるのかな〜…





美波「…?……!あなた!あなたってばぁ!!」



あなた「ほわっ!?」



佐久間「凄いぼーっとしてたけど大丈夫?」



向井「何か食べたいもんあるんか〜?」



あなた「え、あ、うーん…ベビーカステラ」←主の好み(



田中「あ〜あれ美味しいよなぁ〜w」



佐久間「さっきあっちにあったから行きましょ!」



向井「さくまくんまってやぁ〜!」



美波「あの2人のテンション後半ついてけないな」←



あなた「右に同じく」←



田中「右に同じく」←



目黒「とりあえず行こうぜ」←





なんやかんやで今から屋台巡りします!!









ねくすと ♡×20、☆×5 達成次第→
さくしゃ。
さくしゃ。
暫く更新出来てなくて
すみません🤧
さくしゃ。
さくしゃ。
新学期が始まって、
なかなか落ち着きませんでした。
さくしゃ。
さくしゃ。
久しぶりにちゃんと
全体のお気に入り登録数と
フォロワー様の人数を見たら
さくしゃ。
さくしゃ。
大幅に減っていました😓
さくしゃ。
さくしゃ。
更新出来ていなかった私も
悪いのですが…
さくしゃ。
さくしゃ。
更新が遅いからといった
理由で外されるのも嫌です。
さくしゃ。
さくしゃ。
私だって本職学生ですし、
来年はもう受験生に
なってしまいます。
さくしゃ。
さくしゃ。
母からのスマホ制限も
より厳しくなり、
思うように更新できなく
なってしまいました😿
さくしゃ。
さくしゃ。
これからも引き続き
超スーパーウルトラ🐢更新ですが、
さくしゃ。
さくしゃ。
首を長くして待っていただけると
嬉しいです💭
さくしゃ。
さくしゃ。
また、自己紹介にも書いていますが、
外すくらいなら☆も👤も
いらないです。
さくしゃ。
さくしゃ。
ただ、モチベに繋がるのに
変わりはありません。
さくしゃ。
さくしゃ。
長々とすみませんでした😶