無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

にじゅーなな.🕊𓂃𓈒𓏸




目、田、村、向、佐「「「「「え?」」」」」





いや、え??←



先輩と、?回るの、??





あなた「いや、私はいいんだけど…
他の……特に先輩方…」





だって、、ね?



美波、これでも初対面よ?多分。←自信持てやBy美波



でも先輩たちの回答は意外だった。





田中「俺は全然いいよ〜!なっ!めーぐろっ」



目黒「おう、、」





田中先輩がニヤついてるのが
ちょっと気になるけど…



何かあるのかな…??






向井「俺もええけど」



佐久間「右に同じくであります!」



美波「よし!もう行こ!」



あなた「美波はっちゃけ過ぎてない!?」



美波「通常運転だよ?」←



あなた「どう見ても非常運転」←



向井「よぉし!俺が一番速く行く!」



佐久間「俺が……なんて言おうとしたんだっけ??」←





1年生内でよくわかんないレースが始まりました()





田中「1年生、元気だなぁ(おじいちゃん感)



目黒「樹、お前言い方何かおじいちゃんみたいになったな」←



田中「だってもう俺歳だもん」←



目黒「若いのにないってんだよ」←



田中「老化が始まってんだよ」←



??「お前らなぁ…若いくせしてどんな会話してんだよw」



目、田「「あ、バケモノ…あ。」」←←





ん?バケモノ……??



え、怖いじゃん←え…By顔でk……深澤





深澤「バケモノじゃねえんだよ、俺。傷つくからw」←





え、あ、、深澤、、先生、、、、?







田中「だってしょうがないじゃん。顔が…ねぇ?」



目黒「そうっすよ。だって俺の視界ほとんど先生で埋まってますよ?」←



深澤「んじゃ離れろよ」←





バケモノ=深澤先生、、
という等式なのか、、、、??←違うんだよなぁ…Byふかざぁわぁ



でも…



でもっ!!


『深澤先生に会えた。』




嬉しい…けど…言えない。



誰にも。









ねくすと→
最近謎会話多いぞ私←
さくしゃ。
さくしゃ。
上のポエムにて
さくしゃ。
さくしゃ。
『新作』に関する
さくしゃ。
さくしゃ。
大事なお知らせをしています
さくしゃ。
さくしゃ。
目を通していただけると
ありがたいです😖💦