無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

なな.🕊𓂃𓈒𓏸





あなたさいど




【4時間目 社会】




先生が教室に入ってきた瞬間。
『あ。』ってなった。
だって。。


入学式の日。
ステージに立って話す、
私は“あの人”の目に吸い込まれるように
惹かれたのだから。





あれ、、もしかして今。
先生と目があってるの、、、?
時間の進みが急に遅くなったみたい。
私と先生の間だけ時間が
止まっちゃったみたいに。





キーンコーンカーンコーン🔔






深澤「日直さん、号令お願いします!」



日直「きりーつ!きょーつけー!れーっ!」



Ⅱ組生徒+深澤「「「お願いしまーす!!」」」



深澤「はいっ。えー、Ⅱ組の皆さん。こんにちは。Ⅴ組担任社会科担当の深澤辰哉です!よろしくお願いしまーす。順番に自己紹介してもらおうかな!」




深澤先生…か……



《あなたの感想》
真面目に授業受けられるか、早速危ういです。
いや、授業眠そうとかは全く無いけど、、
あの、、ね?心臓が持たないんじゃないかって方で、ね??((いや、なんの圧。これ。
自己紹介の記憶、そんなにないです。((は。


















深澤さいど




朝のHR前。



深澤「えっと、今日授業あるクラスは、、。Ⅰ組とー?Ⅲ組とー、Ⅴ組って自分のクラスかwあと、、Ⅱ組…か。」



岩本「おい辰哉、全部声に出てんぞw」



深澤「ふぇっ!?まじかっ!w」



阿部「なんか変じゃないか?w俺の気のせい??」



深澤「気のせいだよ!」



岩本「相変わらず視界に入りやすいけどなww」



深澤「それは俺の顔がでかいからなって今いじってくんな!」



阿部、岩本「「wwwww」」





キーンコーンカーンコーン🔔





中等部校長「今日もよろしくお願いします!」



先生一同「お願いします!」








【4時間目 1年Ⅱ組】



正直に言います。
自分でも意味分かんないくらい緊張してますw
教育実習生として始めて教室の前に立って授業教えたときの何倍も何百倍も何千倍も何万倍も何億倍も。




ガラガラ🚪




教室の入り口で俺は固まりそうになった。
だって俺が探してた“あの子”と
いきなり目があってしまったから。
本当は10秒も経ってないと思う。
でもそれくらい長い時間に、
時が止まってるみたいに感じられた。




だめだ。相手は生徒。俺は教師。
ましては入学したての中学1年生。
この間の線を越えちゃいけない。
せめて、相手が卒業する6年後までは。




こんなこと考えてる場合じゃない。





キーンコーンカーンコーン🔔





やべ、4時間目の授業の鐘が鳴った。



深澤「日直さん、号令お願いします!」



日直「きりーつ!きょーつけー!れーっ!」



Ⅱ組生徒+深澤「「「お願いしまーす!!」」」



深澤「はいっ。えー、Ⅱ組の皆さん。こんにちは。Ⅴ組担任社会科担当の深澤辰哉です!よろしくお願いしまーす。順番に自己紹介してもらおうかな!」






そして、俺が気になった
“あの子”の番が回ってきた。



あなた「はい。26番の村上あなたです!好きな教科は深澤先生担当の社会です!よろしくお願いします(*' ')*, ,)」





へぇ〜…あなたちゃんって言うのか…
好きな教科は社会…って、ん?
俺の担当教科!しかも名字読んでくれた!
待って俺どこに感動してんだ?
そんなこと考える場合じゃない。







とにかく、今は。




深澤、あなた
“この気持ち、誰にもバレちゃいけない。”























  ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
        作者より
  あなたさん!このような全くうまく
  かけてない駄作をここまで読みすすめ
  ていただき、本当にありがとうござい
  ます🥺🥺
  昨日(2021/01/04)は更新ができませ
  んでした🤧🤧🤧
  おまたせしてしまって
  申し訳ないです💦
  私事ながら朝から病院でして…
  思ってたより疲れてしまいました🤦🏻‍♀
  (きっと病院慣れしてない父と行った
  からなきがします←失礼)
  当時の私→『8時45分からレントゲン
  とかきーてないんだけど!?』ですw
  ギリギリで間に合いました()
  夕飯後に書こうかなーって思いながら
  アイ・アム冒険少年を見てしまい…🤦🏻‍♀
  しっかり恵比寿君はイケメンでした
  主は8日から学校が始まるのでそれま
  では毎日投稿を心がけていきたいと
  思います(もう1つの方はYouTubeを
  ちょいちょい見ながらになるのでより
  遅くなりますが)🙇🏻‍♀🙇🏻‍♀
  ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

















ねくすと→