第7話

6
278
2022/10/20 14:56
あなた
わあぁぁっ!!キラキラしてる!!
あなた
んんっっ!おいひい!!
あなた
しあわせ…




あなた
( みんな酔っ払ってるな〜… )
クリント・バートン
クリント・バートン
仕掛けがあるんだろ?
ソー
ソー
いや、そんな子供だましじゃない
クリント・バートン
クリント・バートン
相応しいものだけがこのハンマーの力を授かる。絶対に仕掛けがあるはず
ソー
ソー
じゃ、どうぞ?試してみろ
クリント・バートン
クリント・バートン
こんなの簡単だって…


クリント・バートン
クリント・バートン
ふんっ、ははは、どうしてこんなのが持ち上がるんだ…



トニー・スターク
トニー・スターク
次は僕だ



ブルース・バナー
ブルース・バナー
ふんっ!うあぁぁあっ!!
あなた
ぶふッ…( 笑



スティーブ・ロジャース
スティーブ・ロジャース
んっ、はは、全くうごかない…
あなた
( ちょっと動いたな… )
あなた
ごめんちょっと御手洗行ってくるね
ナターシャ・ロマノフ
ナターシャ・ロマノフ
ええ、分かったわ



あなた
…最近前の記憶がなくなってきてる気がする。もしかしたらこのまま全部忘れちゃうんじゃ…?そしたらみんなを助けられない?どうしよう…
ガシャーンッ
あなた
え!?


あなた
何があったの!?
トニー・スターク
トニー・スターク
あなた!ヘレンを守れ!
あなた
え、分かった!!
あなた
博士!
あなた
邪魔っ!!
頭を蹴飛ばす
チョー博士
チョー博士
ありがとう…
あなた
いえ!無事でよかったです!

ウルトロン
ウルトロン
ドラマチックだな。良かれと思っての行動だろうが、考えが足りないのだ。世界を守りたい、だが世界を変えたくはないだと?人類を進化させずに、世界を救えると思っているのか?どうやって?こいつで守るか?この、人形で
ウルトロン
ウルトロン
平和への道はひとつしかない。アベンジャーズの全滅だ。
ソー
ソー
ッ、




ブルース・バナー
ブルース・バナー
研究データが消えてる。ウルトロンも消えた、インターネット通って逃げたんだ。
ナターシャ・ロマノフ
ナターシャ・ロマノフ
ファイルや監視カメラのデータに侵入された、私たちのこと仲間より知ってる。
あなた
あなた
( どうしよう、思い出せない… )
ソー
ソー
160km追って見失った、おそらく北へ向かってる。杖を持ってだ。
ソー
ソー
また取り返すはめになったぞ
ナターシャ・ロマノフ
ナターシャ・ロマノフ
やることがはっきりしたわね。ウルトロンをおうのよ
チョー博士
チョー博士
でもどういうこと?あなたが作ったプログラムでしょ?なぜみんなを殺そうと
トニー・スターク
トニー・スターク
くくくく…ふふふ……ッ
ソー
ソー
そんなに面白いか
トニー・スターク
トニー・スターク
いーや、面白くはない、だよな?笑えないって言うか、とんでもない、全く酷い…冗談だ。最悪だよ…
ソー
ソー
お前が理解できないものに手を出すからこんなことになったんだ
トニー・スターク
トニー・スターク
違う。悪かった、悪かったよ。おかしくてね。なぜウルトロンが必要なのかも理解できないとは
ブルース・バナー
ブルース・バナー
トニー、今はそんな話をしてる場合じゃないだろ
トニー・スターク
トニー・スターク
本気か?まったく、何か言われたらすぐしっぽ巻いて降参するのか?
ブルース・バナー
ブルース・バナー
殺人ロボットを作ってしまった
トニー・スターク
トニー・スターク
作ってない。完成には程遠かった
スティーブ・ロジャース
スティーブ・ロジャース
完成させてなくても、その結果がこれだ。
スティーブ・ロジャース
スティーブ・ロジャース
アベンジャーズはSHIELDと同じでは行けない。
トニー・スターク
トニー・スターク
みんな忘れたのか?僕がワームホールに飛び込んでNYを救った
トニー・スターク
トニー・スターク
アベンジャーズは、武器商人を相手に戦うのも結構だが、宇宙にいる敵が、ラスボスだ、そういう敵とどう戦う。
スティーブ・ロジャース
スティーブ・ロジャース
みんなで。
トニー・スターク
トニー・スターク
負けるぞ。
スティーブ・ロジャース
スティーブ・ロジャース
それでも僕らで戦う。
あなた
( …私はどうすれば、役に立てる、?)



プリ小説オーディオドラマ