無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,677
2020/05/19

第47話

46話
我妻くんに支えられながら
なんとか現場までたどり着く。
あなた

あ……の………

私も被害者…………
警察の人
……あぁ、
さっきの子か……
そうですぅぅぅぅ。
重傷者ですよ……………
警察の人
あーー……
また話聞きに家行くからさ、
今日はもう休みな
警察の人
ここに電話番号とか書いといて
ピラリと1枚の紙。
我妻くん
………え
……………
いや、対応?
我妻くん
番号とか、教えて
俺書くから
順応性高いなおい。←
突っ込む場面でもないから素直に番号を口に出す。
我妻くん
かけましたぁ
そんなことを言って紙をヒラヒラ。
優しいなぁ。
なんでだろう。…………
警察の人
____
我妻くん
______
そのあとの会話は、疲れてて聞こえなかった。
そういえば遊園地帰りでしたもんね。
気がつけば、意識が途切れてて。
起きたら我妻くんちのソファに寝かされてるもんだからさ、
びっくりして叫んだら怒られた………
そして案外元気なんじゃない?私。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんの意味もないおまけ

〜ついさっき〜
警察の人
彼女さんも怪我酷いでしょ?
寝ちゃってるし
警察の人
家まで帰してあげて
我妻くん
かっ……かの………?
あなた

……いや違いま_

我妻くん
あっはい
そうですね!そうします!
ありがとうございましたぁ!!