無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,655
2020/04/04

第43話

43話
バン........?
何が、起きた.........?
???
合里っっ
あぁ..........来てくれたんだ........
どこか懐かしい気がする声。
あなた

ぜ、ん.........い__......

私は、そこで意識を手放した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと前、善逸side
どこにいるのか検討がつかない。
かれこれ20分ほど探している。











え?
音が.......聞こえる。
刃物で刺され、殴られ、蹴られ。
声は聞こえない。
当たりを見回してみる。
あ..........
このマンション.........
我妻くん
合里さんの..........
たっとかけ出す。
やっぱりこの部屋.........
前に1度だけ来たことがある。
念の為警察に連絡を入れておく。
そして、扉を開いた__...........
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっぱりそうだった。
合里さんのお兄さん。
今日はナイフも使ってる。
合里さん血まみれじゃん。
我妻くん
おいっ
呼びかけると、合里さんのお兄さん(以下お兄さん)がこちらを振り向いた。
微かに聞こえた俺の名前を呼ぶ声。
あなた兄
.............邪魔すんな
ドン、ともう一度合里さんを蹴ると、ナイフの先を俺に向けてくる。
合里さんに近づかないようにして避ける。
相手に危害は加えない。
大丈夫だ善逸。警察署はこのマンションからとても近い。
すぐに来てくれる。
我妻くん
合里さんは......あなたは!
お前のじゃない!
少しでも、時間を稼ぐ。
あなた兄
じゃあ誰のなんだよ
あなたは、1人の人間。
我妻くん
誰のものでもっ__
警察の人
警察だ!ドアを開け__
開いてるじゃん
来てくれた............!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
変なとこで切って(?)ごめんなさい。

更新できてなかったね、すみません。

もうさ、合里兄が嫌いになっていく作者。

うがーーーーー!!!
...........何してんだろう。
カナヲちゃん
宣伝するね
カナヲちゃん
あと少しで200人行くの
カナヲちゃん
フォローしてね