無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

20

『 ごっはんごっはん』



母「 玉子焼き」



『 のみ?』


母「 のみ!」



『 はぁ!?』



神山「 なわけ!今から運ぶでー」



『 びびったー』



母「 騙されてやんの」


『 おい!』



もゆ「 あなたママ相変わらずやなーww」



母「 いぇーい(ハイタッチ)」


もゆ「 いぇーい」



神山「 どーぞ!」


『 うわぁ!!グラタン!神ちゃん作ったん!?』



神山「 そう!って言いたいとこやねんけど
あなたのオカンが作ったw」


『 なんだ、』


母「 なんだってなんだ、!」


『 いただきまーす(無視)』


もゆ「 あなたとあなたママのやり取りめっちゃうける」



『 もゆは笑い過ぎなのよw』



もゆ「 あなたパパもちょーうけるしねww」



『 そうね!www』



淳太「 、、、」



『 あっ。( )』



母「 淳太ー飲み物買い行こかー」


淳太「 せやな!」


母「 ちょっと飲み物買ってくる!神ちゃんさん藤井さんあなたともゆちゃんよろしくですー」



りゅかみ「 はーい」






ガッチャン





『 やべーw』


もゆ「 中間くんおる前であなたパパの話しちゃったw」


『 え、落ち込んでたよね?』


神山「 あなたのオトンっておもろかったん?」


『 おもろいってレベルじゃないなぁ?w』


もゆ「 もっと上やなww」


『 よなwお笑い芸人なれんで』


藤井「 そんなに!?」


『 そうそうww』


神山「 でも、淳太の前でその話したんはアウトやなぁ」


『 ですよねーあとで、慰めとこ』


藤井「 慰めw」



『 お腹すいたんで食べよ』


もゆ「 せやな!」


『 いただきまーす』


もゆ「 いただきまーす」


神山「 どーぞー!」























ガッチャン




母「 買ってきたよ!」


中間「 はい!あなたの好きなほうじ茶ラテ」



『 やった!"お父さん"より淳太の方が"あなた"のこと"よく"分かってる!』



もゆ「 それな!」



母「 もゆちゃんはコーラ?オレンジ?」


もゆ「 オレンジで!」


母「 はーい!」



中間「 ///(照れた)」


『 (もゆに向かってガッツポーズ)』


もゆ「 ( *˙ω˙*)و グッ!」


『 ごちそうさまでした!』


もゆ「 ごちそうさまでした!」


『 お風呂入ろ!』


もゆ「 久しぶりに一緒はいるな!」


『 せやね!!』



母「 いってらっしゃーい!」


『 はーい!』











































もゆ「 ひろっ!!」


『 ね!!』←











お風呂上がり


布団の中













『 眠いわ。明日学校いきながら語ろ』



もゆ「 せやな」



『 おやすみ』


もゆ「 おやすみー」









































淳太「 あなたの父親頑張る!」





決心した中間淳太( )