無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5
1ヶ月後




























ガチャッ





母「 ただいまー!!」



『 あっ!お母さん帰ってきた!』


父私「 おかえりー!!!」























母「 ちょっと、紹介したい人できた!」




『 だれ?』




中間「 どうも」





『 え、、、、』













母「 私、この人と結婚する!」



















































父「 は?」



『 え、、、、』













父私「 えぇぇぇぇぇぇ!!!!(大声)」



『 ちょちょちょおあおおかあささん!?
この人の事誰だと思ってんの!?』



母「 中間淳太くんあっ!」


『 え、え、え、』



母「 そう言えば、あなたが、結婚したいって言ってた人!?」



『 そーだよ!!!?!』



中間「 なになに、俺のファン?」



『 ファンです!いや、、、ファンです!』



中間「 どっちやねんww」




『 うわぉ、本物』











父「 え、結婚するってどういうこと?」



母「 そのままの意味よ?」



父「 俺とは別れるってこと?」



母「 まぁ、そうね」






『 え、ねぇねぇまって、、中間さん。なんで、お母さんと結婚したいって思ったの?
この人、ポテチ手で食べる派の人だよ?』←知らん




中間「 別にいいよw他にいいとこいっぱいあるしww」



母「 ふふっwありがとぉ」













(‐д`‐ll)おぇー←



お母さんが淳太くんにありがとぉだってww




(‐д`‐ll)おぇー( )














『 え、まって、お父さんは?』



母「 離婚する♡」



『 え、なんで!?』



母「 飽きた」←














あ☆き☆た☆




























いやいやww


夫に飽きることってある!?www

















『 家☆庭☆崩☆壊』


中間「 あなたちゃんww面白いwww」



『 うわぁっ!淳太くんにあなたちゃんって言われた!死ねる←』



中間「 いやいやw死なんどいてww」



















ん、ちょまてよ(キムタク)














じゃあ、私は、お父さんに着いてくか

お母さんに着いてくか



決めなきゃ行けないってこと!?



















『 え、あなたは、どっちに着いてくの?』




母「 もちろん、お母さんよね?」


父「 お母さんの方に行きなさい」



『 え、え、え、お父さん1人!』



父「 いいんだよ、お父さんは。たまに会えれば」




『 会えるんでしょ?』



母「 会うぶんには自由よ」



『 だよね?じゃあ、お母さんに着いてく』




母「 じゃあ、東京に行かなきゃ♡」


『 は?』( )



中間「 だって、俺の仕事あるし」











『 あっ、ですよね、そうですよね』




『 転校すんのか、、、、』


母「 いやだ?」



『 全然。もゆに会えるし』


母「 そうだわね、もゆちゃん東京だったね」


『 おん。』









































あの後。お父さんとお母さんは


離婚届を書いて




お母さんは淳太くんとの婚姻届を書き







私は


中間あなたになった
























え、夢?←