無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

15



お昼




































廊下「 きゃーー!!!」




『 え、歓声が凄い。』


もゆ「 誰か来た?」















ガラガラガラッ

















大西「 あなたちゃんっておる?」


西村「 道枝くんに言われてきたんやけど。」


『 やっばぁ。本物や。(小声)』


もゆ「 ほんまそれ。(小声)」


大西「 おらんの?」


『 っていうか、ジャニーズと絡みあるってばれてまった(小声)』


もゆ「 え、それな。(小声)」


西村「 あれ?」


大西「 2-3ってここよな?」


西村「 おん。」












『 !!!( ゚д゚)ハッ!!!!はい!!あなたです!!』


大西「 あっ。おった。」←


西村「 行くよー」


『 あ、え、もゆも一緒でいいです?』


大西「 だれ?」


もゆ「 あっ、あなたの親友でーす」


『 いいよね?』


西村「 別にええよ!」










































屋上



















もゆ「 うわぉ。屋上とか初めて来た。」


『 草』


大西「 道枝くんに聞いてんで。
自分中間くんの娘さんねやろ?」


『 いやぁねぇ。有り得んよな!?
うちが、あの淳太の娘やで!?(もゆに)』


もゆ「 いや、それな。wwあなたが淳太くんと結婚したーいって言いよったら。
まさかまさかの。お母さんがするって言うwww」


『 いや、ほんとやばいよ?ち心臓バックバク』←



大西「 聞いてる?」


『 あっ、すみません。そうです
中間淳太の娘の中間あなたです。』


西村「 ホンマに淳太くん結婚したんや。」


大西「 自分、ケータイ持ってきてんやろ?」


『 あぁwまぁww』


もゆ「 まじ、授業中なったん笑ったwww」


『 いやそれww道枝くんから急に来んねんもんww』


もゆ「 草wwwww」



大西「 LINE交換しよー」


『 画面開くんめんどいから
みちえだくんからもらって』


もゆ「 あっ、ごめんなさいこの子めっちゃ面倒くさがりなんです」


大西「 あ。あぁ。わかった。道枝くんから貰うわ」


西村「 んじぁ、ふうさん道枝くんに貰ったら俺にもちょーだい。」



大西「 は?自分で貰えや」


西村「 エエやんけ、追加してついでに俺にも送っといてや」


『 やばいよ。目の前でふがたくが言い合いしとる。』


もゆ「 夢かな。」



『 って言うか、自分が淳太くんの娘ってのもまだ信じきれてないもん』



もゆ「 いや、確かに。急やもんな。」



『 ほんまやで?だって、疲れたから一人旅行ってくるからの。1ヶ月帰ってこんなー思て
やっと帰ってきた思たら私この人と結婚するやで?!』


もゆ「 あなたママ最高wwwww」


『 最高ちゃうでほんま。しかも
あなたが言うまで。あなたが結婚したいって言いよった中間淳太って気づいてへんかってんで?』



もゆ「 あはっwwwあははははwww」




ブーッブーッ




『 ん?なんかきた。』
みっちーみちみちけのけのけ
みっちーみちみちけのけのけ
風雅が、あなたのLINE欲しい言ってんけど
あげてもええよな?
YOU
YOU
ええよ!
目の前おるし
みっちーみちみちけのけのけ
みっちーみちみちけのけのけ
そなんやな!おけ



『 みっちーからの確認やったわ』


もゆ「 みっちーとLINE繋がってるとか神やん」



『 いや、ほんまそれ。』


もゆ「 あんた、前世でなにしたん」


『 わからんwでも、軽く日本は救ってる』


もゆ「 いやそれな。」



西村「 お二人さーん?人数増えてるの気づきません?」



もゆ「『 ん?(回りみる)』」



『 も、も、も、ゆ!!!!!り、りりりりりり、ととるか関西が!!』


もゆ「 やっばっ!!!揃っとる!!!」


當間「 あ、僕達のこと知ってはるん?」


『 あ、まだ言ってへんかった。
あなたジャニヲタだから』←


もゆ「 え!?言ってへんの!?」


Lil関西「 、、、、、」


『 いやいや、なにわ男子とジャニストには言ったで?www』


もゆ「 あぁ。びびったー中間君にも行ってへんかと思ったw」


『 あほか!wおかんが淳太くんと結婚するって聞いて一番最初に会話した内容
ポテチ手で食べる派の人ですよ!?やから。
ジャニヲタ全開やからw』



もゆ「 それが最初の会話は草w」




Lil関西「 えぇ!?!?!?」



もゆ「『 ぇ!!?』」



大西「 え、ジャニヲタ?」


『 いぇすジャニヲタ。あっ、もゆもね?』


もゆ「 山田君担です」


西村「 え。え。え。」


『 え?。え?。え?。』←


岡崎「 僕達のファン?」



『 せやで。掛け持ち!!』


島崎「 どこのグループと!?」


『 えっと。菊池よりのall。黄色よりの虹色。
あべこじよりのall。きょも樹よりのall。
道長よりのall。ふがたくよりのall。末澤よりのall。その他関ジュもall。だから、全員推し。』←
























大西「 多いな。」


『 しゃーないねん。あなた1人だけ推すってこと出来ひんねん。やからグループに1人でも推したい人おったら自然とその人よりのallになってんねん。www』


西村「 へぇ~」


『 なんやねんwww』


島崎「 僕達より歳上に見えるけど年下やねんな。。」


『 なんばいいよっと!wそれ、老けてるって言ってる?www』


Lil「 なんばいいよっと?」


大西「 え、関西出身ちゃうん!?」


西村「 バリバリ関西弁やん!!」


もゆ「 ちゃうで、この子。福岡出身やで」


當間「 大橋くんと一緒やん。」


岡崎「 やば。本物の博多弁初めて聞いた」


『 あ、ほんま?それは良かったなぁ。』


大西「 え、告白とかさ、すいとーと?」


『 え、もゆ。今大西さんに好いとーとって言われた。』( )


もゆ「 うちも聞いた。やばいね。」


『 え、え、死ぬん?うち。死ぬん?』


もゆ「 いや、死にはしやんで。」


『 やばない?あのツンデレ大西さんが
好いとーとやで?え、やばない?』(ジャニヲタ全開)



大西「 いや、おれ、質問しただけやねんけど」


『 あっ、告白ん時ほんまに好いとーとって告白するのか?』



大西「 そう。」


『 ぜっぜんしやんです。』


大西「 うぇ!?」←



『 普通に好きです。付き合ってくださいって言います。』


西村「 まじで!?俺ずっと好いとーとって告白するんやと思ってた」


『 いやいや、そんなん嘘っちゃwww』


島崎「 博多弁かわァいい。」


『 とあちゃんの方が可愛い♡
あっ、タメでいつも呼んでる呼び方ですみません』



Lil「 あっ、全然ええよ。むしろそっちの方がええ。」



『 あざっす。』


もゆ「 はよ。お昼食べんともうすぐ終わんで。(もぐもぐ)」



『 ほんまじゃ!!!』



Lil「 俺らも食べな!!」





















つい。長話してしまった。