無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
いやぁ、皆さんイケメンすぎて、、



















ん?ここどこ?








事務所で迷子になった!!?!?





















『 どこだーww』




?「 あはっwwww


?「 んで、、、、が、、で、www


?「 なんやねんそれwww





だれだ?
























大橋「 あれ?女の子?」


西畑「 はっすん何言うてるん女の子なんておるわけ、、、、、おる!」



『 あ、やばい。』( )











なにわだよ!?なにわ!!!!←











道枝「 女の子?」



高橋「 えっ、かわい!」


長尾「 なんで、女の子が?」


藤原「 ストーカー?」


大西「 え!?ほんまに!?警察!!!」



『 あっ、まってくだはい!!かんだ、』


西畑「 あはっwww」



『 いやいや、私、中間淳太の娘です!』


藤原「 は?中間くん結婚してへんけど」


『 いや、したんですよ!一昨日!私の母と!』


大西「 んなわけwそんな冗談は通じんで」



『 いや、ほんとなんですよ。え、電話しましょうか?』



藤原「 出来るもんならしてみいや」



『 おけ』











淳太に電話、、














プルルルップルルルッ





ガチャッ




📞神山「 もしもし(裏声)」



『 誰ですかwww』


藤原「 嘘か?」


『 いや、待ってくださいww』


📞神山「 ん?どうしたん?」


『 あぁ、なんか、なにわ男子さんにあって
ストーカーやと間違われるんですよ。ちょっと、説得っていうか説明というかしてくれん?』


📞神山「 あっ、おけやで!」


『 どうも!はい!神山くん!』


藤原「 もしもし?」


📞神山「 この子、淳太の娘やから」


藤原「 え?でも、結婚してへんやないですか?」


📞神山「 それがね、一昨日ぐらいに結婚して
その結婚相手の娘があなたちゃんで、淳太くんの娘にもなったってやつ」



藤原「 じゃあ、ほんまに中間くんの娘さん?」



『 やから、言うてるやんwww』


📞神山「 おけ?」



『 あっ、神山くんありがとう!』



📞神山「 神ちゃんでええよ」



『 じゃあ、神ちゃんで!』


📞神山「 ほなね」



『 はーい!』






ブチッ←

















道枝「 ほんまに中間くんの娘さん。」


『 そやで』


藤原「 なんか、ごめんなさい」



『 あっ、いや、全然ええですよ』


西畑「 ずっと思ってたんやけど関西人?」



『 福岡人』



長尾「 え、じゃあ、なんで、関西弁?」



『 関ジュとジャニストのファンなんです。』


大橋「 え!まじ!?」



『 まじです。まじです。』



大西「 何年?」


『 中2』


道枝「 俺の、3個した?」



『 そーです!』


長尾「名前教えて? LINE交換しよ?」


『 中間あなた!藤井くんのLINE持ってる?』


長尾「あなたちゃんな!おけ。 持ってない」



『 んじゃ、QRどーぞ』


長尾「 ありがとう!」


道枝「 俺も欲しい」


大西「 僕も!」


西畑「 おれも!」


大橋「 おれも!」


高橋「 おれも!」


藤原「 おれも」




『 長尾くんから貰ってちょ』


長尾「 長尾くんやなくてええよ」


藤原「 いつも、呼んでる呼び方でええよ
それと、タメで」


『 あっ、ホンマに?』


西畑「 ファンならいつも呼ぶ言い方あるやろ?」



『 あるで、んじゃあ、いつも呼んでるやつで行くわ。あと。タメな』



藤原「 んじゃあね」


長尾「 いつでもLINEしていい!?」



『 全然ええよ暇人やしw』



道枝「 俺もいい?」



『 ええでwwみんないつでもLINEしてええよww』



なにわ「 ありがとう!」



『 ほな、帰るわ。あっ、出口まで教えてくれへん?』


長尾「 俺送る!!」


道枝「 俺が!!」



『 んじゃ、道長お願いします』































道長に出口まで案内してもらった♡( )












































藤原「 みっちーの3個下やのにあなたちゃんの方が歳上に見える」



なにわ-道長「 それな、、、」