無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
あなたの部屋(徹子の部屋)































いやぁぁ


推しがお父さんになるとは、、、

















え、なんて呼べばいいんやろ






パパ?











え、なんかちゃうww



中間さん?





いや、お前もやってなるし












淳太くん?














いや、お父さん君付けwwww













うーん。














コンコンッ












ん?お母さんかな







『 どうぞぞん』←


中間「 失礼します~」


『 わぁ!淳太くん!?』


中間「 うわぁ、俺らのグッズいっぱいあるなww
おぉ!みっちーとか風磨とかもおる
関ジュとセクゾと?ストスノか」


『 そうですそうです』


中間「 WESTでは、誰推しやったん?」


『 淳太くんです!』


中間「 本当は?」


『 流星くん』


中間「 なんやねんww」


『 いや、冗談ですよwwwまじで、淳太くんです!』


中間「 ほんまに!?」



『 はい!』


中間「 っていうか、もう、親子やねんから
敬語やめよーや
俺のことはうーん。なんて呼んでもらお」


『 パパとお父さん以外だったらなんでもいいですよ』



中間「 ははっwwんじゃあ、淳太くん?」



『 おっけ、淳太って言うな』( )



中間「 せやな、じゃあ、淳太でっていやいやw
なんでねんww
ほんま、あなたちゃんっておもろいなwww」


『 ちょっと、ちゃん付け辞めてよーあなたでいいよ』



中間「 わかった、んじゃあ、あなたな」


『 じゅんじゅんとか淳太とか気分で呼ぶわ』


中間「 なんやねんwwまぁ、ええけどww」


『 ふふっww
ほんなら、引越しの手伝いしてー』


中間「 なんで、関西弁!?」



『 え、だって、ジャス民だし、関ジュ好きだし』



中間「 あぁ~」



『 ええから、グッズ大切に慎重に片付けてな』



中間「 わかったwwww」








































なんか、距離縮まったかな?www