無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

9
2021/09/05

第44話

30
ー藤ノ春ー4ー
藤ノ春
藤ノ春
(ここまで来るのに何分かかったんだ…?てかどれだけ広いんだここは…それに加奈は上手くやっていけてるのだろうか……ん〜…仕事もちゃんとできるだろうか…)
コンクリートの上をブーツでコツ…コツ…と歩く足音が響く
藤ノ春
藤ノ春
………
春は顎に手を当てた。
夜桜犬士郎
夜桜犬士郎
……春、
藤ノ春
藤ノ春
あっなんですか?(横顔綺麗…)
夜桜犬士郎
夜桜犬士郎
お前はハジメが嫌いなのか?
藤ノ春
藤ノ春
あ〜!なんだそんなことか!大嫌いっす!加奈があのゴリラ看守の所に行っちゃうなんて…
夜桜犬士郎
夜桜犬士郎
…そうか…そういえば先程、加奈は虐待されていると言っていたな
藤ノ春
藤ノ春
あ〜はいはい
夜桜犬士郎
夜桜犬士郎
12歳まで虐待を受けていた…と聞いたが…あいつは今何歳だ?
藤ノ春
藤ノ春
ん〜と、私達4人がタチで17です
夜桜犬士郎
夜桜犬士郎
それなら12歳以降からどこに住んでいたのだ?
藤ノ春
藤ノ春
住んでるっていうか…旅してましたね〜
まぁ家もあるけど全く帰らな買ったっすね〜
夜桜犬士郎
夜桜犬士郎
家があったのに帰らなかったのか…?
藤ノ春
藤ノ春
んまぁ…歩いて1時間以上かかるし…
夜桜犬士郎
夜桜犬士郎
かなり遠いな…というより…仮面外さなくていいのか?
藤ノ春
藤ノ春
んぁ〜…外した方がいいっすか?
夜桜犬士郎
夜桜犬士郎
嫌なら外さなくていい




















着いたぞ、ここが4舎だ