無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

三話
私は家に帰った。
あなた

ただいま。

あなた!
あなた

え、どうしたの?

あなた、よく聞いて?
あなた

うん。

買われたわよ。
あなた

え…?

あなたが、1300万で!
これで、家もお金持ちね!
あなた

え…

そう、
狂愛の
美人の母親は、
美人だった女。
だから、
自分が売られた悲しみを
自分の娘に味わさせる。
そして、
娘を売って
貰ったお金で、
好きな事をする。
最低だ。
もう、あんたを育てなくていいんだわ!
明日、あんたのご主人様が来るから。
可愛くしておくのよ。
あなた

…うん。

私は自分の部屋に入って、
望に手紙を送った。
【望へ。
あなただよ。急に手紙を送ってごめんね。私、とうとう買われちゃいました。
私を買ってくれた人は、明日会えるみたい。正直、怖いな。
私、行ってくるね。
望とは、もう会えないかもだけど、よろしくね。】

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

N・J◢
N・J◢
ジャニーズ・坂道オタク。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る