無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

十二話
私は一人、
夢の中に居た。
私はベッドの中に居て、
誰がが私の腕に触れてる。
ジュワー
熱い!
あなた

うっ…や、いや…

あなた

いや!

あれは、夢?
あなた

はぁ、はぁ、はぁ…

私の近くで、
風が吹いた。
左肩の当たりが痛い。
あなた

え?

あなた

何、これ…?

私の左肩には、
タトゥーではない、
紋章のようなものが
押されてあった。
あなた

夢、じゃ、なかったの?

風が吹く度に、
痛む左肩。
熱かったのは、
夢じゃなかったんだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

N・J◢
N・J◢
ジャニーズ・坂道オタク。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る