無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

13話
壱馬side
今回のライブ、頑張らないとな。菜月ちゃんと璃桜ちゃんが見に来てくれるからな。手を抜くわけにわ行かない。
菜月
菜月
ここだよね?
裏口って?
璃桜(りおん)
璃桜(りおん)
だね。
でも、スタッフ居るから。入れないね。
菜月
菜月
だよね。
璃桜(りおん)
璃桜(りおん)
うん。
どうしょうか?そうじゃん、電話すればいいんだ!
菜月
菜月
そうじゃん!
璃桜(りおん)
璃桜(りおん)
電話するね。
菜月
菜月
お願い
璃桜(りおん)
璃桜(りおん)
(北ちゃんに電話している最中)
壱馬
壱馬
北人、電話鳴ってる。
北人
北人
ほんとだ。
璃桜ちゃんからだ。

もしもし
璃桜(りおん)
璃桜(りおん)
でてくれた
あのさ、裏口に居るんだけど、どうすればいい?
北人
北人
あ、待ってて。今から行くね。
璃桜(りおん)
璃桜(りおん)
分かった。待ってるね。
北人
北人
うん。
璃桜(りおん)
璃桜(りおん)
来てくれって!
北ちゃん!
菜月
菜月
よかった
ここまで
短くてごめんなさい。