無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

episode9 T.K
望くんと別れて、
私は裏通りを歩いてるんだけど…
○○
○○
可愛いお店ばっかり!
こんな所あったんだ!
新たな発見!!
○○
○○
あっ
私は目に止まった小さなアクセサリー屋さんに入った
(店員)
いらっしゃいませ〜
○○
○○
これ、可愛い
中に入るとたくさんのアクセサリーが並んでいた。
その中にひときわ目を引く物が…

緑色のグラデーションのピアス。
神山智洋
神山智洋
これ気に入ったん?
○○
○○
えっ?!
突然後ろから現れたのは…
○○
○○
か、神ちゃん?
神山智洋
神山智洋
驚かせてしもうたな笑
まさかここで会うとは思えへんよな…笑
○○
○○
は…はい、
神ちゃんはどうしてここに?
神山智洋
神山智洋
この店、俺の行きつけなんよ。
今つけてるピアスもここのやで!
○○
○○
そうなんですか!?
神山智洋
神山智洋
てか、敬語やなくてええよって言ってなかったっけ?
○○
○○
はい、
神山智洋
神山智洋
言ってなかったか笑
じゃあ、敬語やなくてええよ!笑
○○
○○
分かった!笑
神山智洋
神山智洋
で、話戻るけど
それ気に入ったん?
○○
○○
あ、うん
緑のグラデーションが可愛いなぁって思って!
神山智洋
神山智洋
うんうん、ええやん!
でも、さっきチラッと値札を見たら結構いいお値段。
○○
○○
でも、今回はやめとこうか……
神山智洋
神山智洋
ちょっと貸してや
諦めて置こうとしたら神ちゃんに取られた
そしてそのままレジの方に…
○○
○○
え?ちょっ、
神山智洋
神山智洋
はいっ!これあげる!
○○
○○
え!!、いやいや貰えないよ
神山智洋
神山智洋
〇〇に似合うと思ったから買ったんやで??
うっ、そんなウルウルした目で見ないで…
そんなの断れないじゃん

私は神ちゃんに差し出されたピアスを受け取った
○○
○○
神ちゃん、ありがとう!
神山智洋
神山智洋
どういたしまして!
○○
○○
ほんとに嬉しいっ
大切に使うね!
神山智洋
神山智洋
ははっ、〇〇ってほんま可愛ええな〜
喜んでくれて俺も嬉しいわぁ
○○
○○
…///
神ちゃんに笑顔でそんなこと言われたら
破壊力強すぎ……
神山智洋
神山智洋
まーた、そんな顔赤くして
照れてるん?笑
○○
○○
…照れてないしっ!
神山智洋
神山智洋
ふ〜ん、そっかぁ笑
ほな俺これから仕事やから行くな
気ぃつけるんやで〜
○○
○○
…うん///
頭ポンポンッて…



神山
ほんまに〇〇可愛すぎやろ
もっと一緒にいたかったわぁ〜
神ちゃんって絶対ドS…
よしっ、気を取り直して他の道も歩いてみようかな