無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

episode1
○○
○○
バイト遅れるー!!
今日は日曜日。
午前中からバイトだったのに寝坊してしまった…
○○
○○
おはようございますっ!
(店長)
おはよぉー、ずいぶんと騒がしいなぁ笑
○○
○○
寝坊してしまって、
この人は店長さん。
見た目はイカついおじさんって感じだけど、
とっても穏やかな優しい人
(店長)
今日は忙しくなるから頼んだよ!
○○
○○
はいっ!!
ここはCafe〜secret base〜
secret baseは秘密基地って意味なんだけど
その名の通りこのカフェはそう簡単に見つかるような場所ではない。
(客)
〇〇ちゃーん、注文お願い〜
○○
○○
今行きまーす!
こんな店だから常連客が多いんだよね
顔見知りのお客さんばかりだから接客しやすいけど笑
(店長)
〇〇ちゃん、明日シフト入ってたよね?
○○
○○
入ってますよ、夕方からです!
(店長)
明日の夜、常連客のマネージャーさんが担当の芸能人の方とここで話し合いをしたいらしいから接客を任せたいんだけどいいかな?
○○
○○
え…あ、はいっ
店長は顔が広くて色んな立場の人と関わりがあるから今までにも芸能人の方が来たことは何度もあるけど……
接客を任されたのは初めて
大丈夫かな……緊張するっ!!
(店長)
ありがとう。それじゃ、今日はあがっちゃって〜!お疲れ様ー!
○○
○○
お疲れ様でしたっ!
支度を終え外に出る。
気持ちいくらいの涼しい風が吹く

イヤホンを耳にはめて再生ボタンを押す

♪こんなにも笑っていや、泣いて〜
○○
○○
ジャニーズWESTだっけ?ほんとにいい曲だなぁ
ジャニーズとか全然分からないんだけど
この曲、友達に勧められて聴いてみたら
ハマっちゃった笑

○○
○○
着いたぁ〜、
明日は大学の講義があって夕方からはバイト。
夕食を食べ、シャワーを浴びすぐに眠りについた。
ピピッ
○○
○○
んぅぅっ、 
体を起こし身支度を始める。
時間通りに家を出て大学へ向かう
○○
○○
おはよー
(友達)
おはよ〜
この子が曲を勧めてくれた友達。
高校からの付き合いで最近はジャニーズWESTの話をたくさん聞いてあげてる笑
(友達)
〇〇聞いてよっ!神ちゃんがね〜〜

あ、さっそく始まった笑
友達は神山智洋さんを推しているらしい。
真面目でオカンでなんでも出来るんだって、
私はオカンってとこがずっと気になってる笑



講義がはじまった
○○
○○
講義だるいー
ありがとうございました!


つまらなすぎてぼーっとしてたらいつの間にか終わってた笑
(友達)
今日バイトー?
○○
○○
夕方からバイト!
(友達)
じゃあ、バイトまで出かけない?
○○
○○
いいよ!
私たちは近くのショッピングモールに向かった。

(友達)
あ、そういえばさ。
ジャニーズWESTのライブが当たったんだけど〇〇行かない?
○○
○○
ライブかぁ〜、ちょっと気になるかも!
(友達)
ほんとに?!やった!


話を聞いてたおかげでメンバーの名前とかキャラ?はだいたい分かるようになった笑
○○
○○
それじゃ、そろそろバイト行かないとだから
(友達)
うん!また連絡するね、バイト頑張って!
私は手を振り、バイト先へ向かった。
まさかこの後、衝撃なことが
起こるとも知らずに、、、