無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

episode13
桐山照史
桐山照史
淳太〜、ほんまいつもありがとなぁ(泣)
中間淳太
中間淳太
もぉ、分かったから
重岡大毅
重岡大毅
ゔぅぅ、きもちわるい…
○○
○○
藤井流星
藤井流星
〜だから、あのパパジャニの収録あるじゃん?
濵田崇裕
濵田崇裕
お、おん
○○
○○
標準語…?
神山智洋
神山智洋
寝てる…
しかも首におしぼり当ててるし笑
小瀧望
小瀧望
(ガチャガチャ)
机の上、整頓してる…
みんなが来てからお酒やらつまみやら運んで
かれこれ2時間くらい経った。
○○
○○
見事に酔っ払ってる…笑
濵ちゃんは飲んでないからあれだけど、
淳太くんは相当強いみたいでまだ余裕そう
久しぶりに集まれてみんな楽しそうだったもんなぁ〜
お酒のペースが早いこと笑
中間淳太
中間淳太
面白いやろ笑
酔っぱらうとみんなこんな感じやねん
私がじっと見ていたのに気づき、
淳太くんが言ってきた。

たしかに、こんなにもわかれるとは…笑笑
桐山照史
桐山照史
〇〇〜、ここおって〜
○○
○○
え、
中間淳太
中間淳太
めんどくさいやろ?笑
ごめんなぁ〜

ほら、照史!〇〇困らせんなって
可愛くなった照史くんが
うるうるした目で言ってくる。

うっ、これは…強い
○○
○○
居たいのはやまやまなんだけどねぇ、
仕事中だからさ〜
濵田崇裕
濵田崇裕
淳太ー、
そろそろお開きにした方が良さそうやない?
中間淳太
中間淳太
せやな
ちょ、俺トイレだけ行ってくるわ
濵田崇裕
濵田崇裕
俺、マネージャーに電話して車出してもらうわ
淳太くんはトイレ、濵ちゃんはマネージャーさんに電話をするため個室を出た。

…え、この状況で?
桐山照史
桐山照史
〇〇〜
照史くん、可愛くなり過ぎでしょ
普段あんな男らしいのに
藤井流星
藤井流星
〇〇、あのさ
〜〜だから〜〜じゃん?
重岡大毅
重岡大毅
ゔぅぅ、〇〇〜
きもぢわるい…
○○
○○
え、ちょ…
気持ち悪がってる人やおしぼり当てて寝てる人、ずっと片付けてる人、標準語の人、可愛くなった人…

カオス状態すぎて、ついていけない私。
○○
○○
淳太くん、濵ちゃん
早く戻ってきてー!!(泣)
濵田崇裕
濵田崇裕
ほらほら、〇〇困らすなゆーてるやん
マネージャーが迎えにくるから帰るで
仏、降臨。
○○
○○
濵ちゃーん(泣)
濵田崇裕
濵田崇裕
ごめんな、ほったらかしてしもて…
ほんま今日はありがとなぁ
濵ちゃんはそう言いながら私の頭をポンポンッ
○○
○○
…///
濵田崇裕
濵田崇裕
え、ちょ…///
そんな顔赤くされたら俺まで恥ずかしくなるやん
○○
○○
あ、ごめん…
濵田崇裕
濵田崇裕
いやいやっ、ちゃうよ!
そんな謝らんでええねん…ごめんな、
○○
○○
…何で濵ちゃんも謝ってるの?笑
濵田崇裕
濵田崇裕
え、何でやろ…笑
○○
○○
ふふっ
2人で笑い合っていたら
中間淳太
中間淳太
なーに、イチャついてんねん
○○
○○
あ、淳太くん!
おかえり〜
濵田崇裕
濵田崇裕
マネージャー迎えに来てくれるみたい
やから、淳太もはよ準備し
中間淳太
中間淳太
2人そろってスルーすんなや笑
まぁ、ええけど…
ほな濵ちゃん神ちゃん頼んだわ
俺、しげやばそうやから連れて行くわ
他は自力でいけるやろ
濵田崇裕
濵田崇裕
わかった
ほな、神ちゃーんいくでー!
神山智洋
神山智洋
…んぅぅ
え、可愛い…めっちゃ可愛い
机に頭突っ込んでたからおでこ赤くなってる笑
中間淳太
中間淳太
しげー、しっかりしぃや
車乗るで
重岡大毅
重岡大毅
じゅんた〜、おんぶ〜
中間淳太
中間淳太
何ゆーてんねん、するわけあるか!
ここは、やっぱできてるのか…?

結局淳太くんは、おんぶする事なく
しげを無理やり車まで運んだ
濵田崇裕
濵田崇裕
照史ー、のんすけー、りゅーせー
ほら帰るで
神ちゃんを車に乗せた濵ちゃんが
戻ってきて残りのメンバーを呼んだ。
桐山照史
桐山照史
たかひろ〜、おれなぁ
濵田崇裕
濵田崇裕
もぉ、分かったから笑
行くで
藤井流星
藤井流星
濵ちゃん、あのさ
次のやつさ〜
濵田崇裕
濵田崇裕
はいはい、後で聞くから
行くで
小瀧望
小瀧望
ササッ、セッセ
濵田崇裕
濵田崇裕
のんすけー、もう十分綺麗やから帰るで
は、濵ちゃん…恐るべし
ニコニコしながら対応してるもんなぁ
心が広い!!ほんとに海より広いんじゃない?
中間淳太
中間淳太
よし、みんな乗ったな
〇〇、今日はほんまありがとな
また来るわ!
しげを乗せて戻ってきた淳太くん。
○○
○○
ちょっと大変だったけど楽しかったよ笑
うん、気をつけてね!
中間淳太
中間淳太
おう!ほなな〜
私は手を振って淳太くんを見送った。