無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

episode10 A.K
○○
○○
そういえば、新しいテーブル欲しいんだよなぁ〜
歩いているとアンティークな家具屋さんを見つけた。

いいの見つかるかも!

(店員)
いらっしゃーい

店の中に入るとめっちゃオシャレ
○○
○○
ちょっと場違いだったかな…?
(店員)
何をお探しですか?



お店の奥から優しそうなおじいちゃんが出てきた
○○
○○
えっと…小さめのテーブルが欲しくて
(店員)
小さめのテーブルならここら辺のしかないけど
どうかな?
○○
○○
うーん…
イマイチ、ピンとくるものがない…
(店員)
その感じだとなさそうだね笑
DIYって知ってるかい?
○○
○○
DIY…?
自分で初めから作ることですよね?
(店員)
そうそうっ!
もし良かったらDIYがおすすめだよ、
好きなように作れるからね
DIYかぁ〜、不器用な私には難しそうだな…
桐山照史
桐山照史
おじさーん!
…ん?
(店員)
おぉ、きたきた!
頼まれてた木材準備できてるよぉ〜
○○
○○
えっ!
なんで、、、
こんなにジャニーズWESTのメンバーに会うの…
遭遇率高くない??
桐山照史
桐山照史
お、〇〇やん!
○○
○○
照史くん!?
こんな所で何してるの?
桐山照史
桐山照史
俺、DIY好きやねん
家の家具も作ってるねんで?笑
○○
○○
すごっ!!
(店員)
あ、照史に作ってもらったら?
照史作ってあげなよ〜
○○
○○
え、それはさすがに…
桐山照史
桐山照史
…?何があったん?
○○
○○
小さめのテーブルが欲しいんだけどピンと来るものなくて…
桐山照史
桐山照史
そうやったんか、ええでっ!
俺が作ったろ!
○○
○○
えっ、いいの?
桐山照史
桐山照史
可愛い〇〇のためや!
かまへん、かまへん笑

どうしてこんなにもみんな無意識なんだろうか、、、

心臓に悪いんだってばっ!!
○○
○○
あ、ありがとう!
桐山照史
桐山照史
要望だけ教えてや!
あとは俺に任せてや〜
○○
○○
うんっ
私は、大まかなとこだけ伝えた

あとは照史くんに任せよう!
楽しみだなぁ〜
桐山照史
桐山照史
ほなっ!
あ、〇〇さぁ
連絡先聞いてもええ?
連絡先、交換していいのかな…
○○
○○
え、大丈夫なの?
桐山照史
桐山照史
ん?なにが?
いやいや、芸能人の自覚ないの笑
○○
○○
いや、照史くん芸能人だし
簡単に連絡先交換していいのかなって…
桐山照史
桐山照史
あ〜、そこ心配してくれたん?
〇〇ってしっかりしてるなぁ〜
ありがとなっ!
でも、〇〇だから言ったんやで?
○○
○○
え、
桐山照史
桐山照史
そんな、誰とだって仲良くなったら交換するわけちゃうで?
○○
○○
そっか、、、ありがとう!
どうしよう、めちゃくちゃうれしい…!!
私たちはその場で連絡先を交換した。
桐山照史
桐山照史
完成したら連絡するな!
ほなっ!
○○
○○
うん!ありがとうっ
携帯には“照史"の文字が
連絡先交換しちゃったよ…
いつの間にか暗くなっている空を見上げてから
私は家に向かって歩き始めた。