無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

episode15 A.K
あの後、家に帰ってきて非常に
頭を抱えております
○○
○○
何考えてるのか分からないよぉ
しげはアイドルだから恋なんかしちゃいけない
分かってるはずなのに、、、
○○
○○
あんなことされたら
意識しちゃうじゃんか
しげのばかぁー!!
声は抑えめに叫んでやった


ピコンッ
○○
○○
ん?
こんな時間に誰だろ
桐山照史
桐山照史
(〇〇〜起きてる?)
○○
○○
あっ、照史くんだ
どうしたんだろ?
○○
○○
(起きてるよー!)
すぐに既読がついて
桐山照史
桐山照史
(こんな時間にごめんな、
テーブル完成したからはよ伝えたくて)
あ、そうだった
色々あって完全に忘れてた笑
○○
○○
(ほんとに!?わざわざありがとう!
どうすればいいかな?)
プルルル

○○
○○
わぁっ!びっくりしたぁ
いきなり照史くんからの電話
○○
○○
(はい、もしもし)
桐山照史
桐山照史
(ふはっ、何緊張しとんねん笑)
○○
○○
(電話ってなんか緊張するじゃん
言っとくけど初電話だからね?笑)
桐山照史
桐山照史
(たしかにせやな笑)
○○
○○
(で、なんで電話?)
桐山照史
桐山照史
(あ、せやせや本題忘れとった笑
テーブルがな〇〇が1人で持ち帰れるような軽さやないんよ)
○○
○○
(小さいテーブルなのにそんな重いの?笑)
桐山照史
桐山照史
(壊れないように思って丈夫な材料選んだら重くなってもた笑)
○○
○○
(それはありがたいけど、私全然大丈夫だよ?力持ちで有名だったし笑)
桐山照史
桐山照史
(いや、〇〇のあの細い体のどこにそんな力あんねん笑)
○○
○○
(大丈夫だって笑)
桐山照史
桐山照史
(あかん、俺が許さへん!せやから〇〇の家に届けに行ってもええ?)
○○
○○
(えっ!そんなことして大丈夫なの?危なくない?その、パパラッチとか)
桐山照史
桐山照史
(パパラッチって笑、連絡先交換する時もやったけど〇〇ほんましっかりしてるな
せやけど大丈夫やで!家具届けるだけやし笑)
○○
○○
(やっぱそこはしっかりしないとじゃん、私のせいで照史くんが大変な目に遭うの嫌だし)
桐山照史
桐山照史
(自分なんなん?)
○○
○○
(え、あ、ごめん。上から目線な言い方だったよね…ほんとごめ…)
桐山照史
桐山照史
(ちゃう、可愛すぎんねん
ほんまに余裕ないわ)
○○
○○
(へっ?///)
うわ、めっちゃアホな声出た
桐山照史
桐山照史
(ほんまに会ってたら襲ってたで)
○○
○○
(ちょ///冗談はそれくら…)
桐山照史
桐山照史
(次会ったら覚悟しときや?笑)
桐山照史やばいやばい
男の中の男じゃん、あんなの誰だってドキッとするじゃん
○○
○○
(えっと,とりあえずじゃあ
テーブルお願いしてもいい?)
桐山照史
桐山照史
(ええよ、俺スケジュール安定してないから行けそうなときいきなり連絡するかもしれへんけどいい?)
○○
○○
(うん!わかった
じゃあ待ってるね!)
桐山照史
桐山照史
(はーい、じゃあ明日早いからそろそろ寝るな
〇〇、おやすみ)
○○
○○
(ほんとありがとう!
おやすみ!)
おやすみって言っちゃった///
電話でこんなドキドキしてたら心臓足りないよ
一気にイケメンを摂取しすぎだ
私は余韻に浸ったまますぐに眠りについた