無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

episode8 N.K
〇〇、絶賛悩み中でございます。
○○
○○
うーん…
この3日間?…いや初日も合わせて4日間か。

ジャニーズWESTに惹かれまくり
みんなとてもいい人だし、話してて楽しいし
当たり前だけどかっこいい。
○○
○○
誰かを好きになる…時間の問題な気がしてきた
今日は、暇だから都内をぶらぶら
ずっと家でゴロゴロするわけにもいかないから…笑
○○
○○
えっ、
深めにキャップを被ってサングラス、マスクしていかにも怪しそうな高身長の男の人がこっちに向かってきた。
こわいこわいっ、
なに…
小瀧望
小瀧望
こっち来て
ボソッと言われて、手をいきなり掴まれた。

あれ、聞いたことある…
そのまま人通りの少ない所へ
小瀧望
小瀧望
…ごめんな
ビックリさせたやんな?
怪しい男の人は顔の周りの物を全てを取った
○○
○○
望くん?!
小瀧望
小瀧望
歩いてたら〇〇見つけて話しかけたかったんやけど、人多かったから無理やり手引っ張ってしもた
○○
○○
そうだったんですね笑
ちょっとびっくりしただけなんで、大丈夫です!
小瀧望
小瀧望
そうよな、俺いかにも怪しかったもんな。
ほんまにごめんっ!!
○○
○○
大丈夫ですって!
…そんな謝らないで下さいっ
小瀧望
小瀧望
〇〇って優しいよなぁ、
ほんま好きやわぁ〜
せや、敬語じゃなくてええねんで?
○○
○○
…っ、
うん、わかった…
望くん、無意識なの…?
いや、そんな深く考えちゃだめだ。
私、自意識過剰すぎっ
小瀧望
小瀧望
…なぁ、〇〇
○○
○○
んっ?
小瀧望
小瀧望
今…2人きりやで?
○○
○○
えっ…うん。
そうだね……
いつのまにか、少しあった人通りもなくなり
2人きりになっていた。


そんなこと言われたら余計意識しちゃうじゃん
○○
○○
あっ、ごめん…
私は繋いだままの手を見てすぐに手を離した。
小瀧望
小瀧望
…なんで、離してまうん?
俺と繋ぐん、いや??
望くんが悲しそうな表情で言ってきた。

…っ、ほんとにずるい
○○
○○
嫌なわけじゃ、、
小瀧望
小瀧望
じゃあ、〇〇から繋いでや
…え?
可愛すぎない??

私は望くんの一言が可愛すぎてさっきまでの空気感は一瞬でなくなった。
○○
○○
ふふっ、望くん可愛すぎ
手繋いでって、小さい子みたい笑
小瀧望
小瀧望
子供扱いせんといてや
○○
○○
わっ…///
急に近づいてきたと思ったら、
ハグされたような体勢のまま頭にチュッ
小瀧望
小瀧望
〇〇が子供扱いするからやで?
○○
○○
ちょ、望くんっ
そのまま抱きしめられた。
望くん、どうしちゃったの…??
○○
○○
の、望くん…バレちゃう
こんなの誰かに見られてバレたら終わり。
望くんが大変な目に遭っちゃう…
小瀧望
小瀧望
…もうちょっと
望くんはもう一度強く抱きしめて手を離した


…と思ったけど

○○
○○
…ダメっ!!
望くんの顔が近づいてきた。
私は強く拒んだ、
小瀧望
小瀧望
っ…ごめん。
○○
○○
あ、ごめん…
強く言いすぎた…
ビックリしちゃって、とにかく断らなきゃって
小瀧望
小瀧望
なんで、〇〇が謝るん?
何も悪ないやん。
○○
○○
強く言っちゃったから…
小瀧望
小瀧望
止めてくれてよかったわ、
無理やりしてしまうとこやったもん
望くんは明るい口調で話してくれてるけど、
今にも泣きそう
○○
○○
小瀧望
小瀧望
ほな、そろそろ解散しよか。
ごめんな、無理やり連れてきて
○○
○○
ううんっ、望くんに会えてよかった!
小瀧望
小瀧望
…、好きや
○○
○○
ん?
ごめん、聞こえなかった
もう一回言ってくれる?
望くんがなんか言ったみたいなんだけど、
風がいきなり強く吹いたせいで聞こえなかった。
小瀧望
小瀧望
いや、なんもあらへんっ
(何で毎回うまくいかへんねん)
○○
○○
そっか笑
何を言おうとしたのかすごい気になったけど、
探るのはやめておくことにした。
小瀧望
小瀧望
ほな、またカフェ行くから接客頼んだで!
○○
○○
任せなさいっ!笑
ばいばーいっ
私たちはそれぞれの目的地へと向かった。