無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

episode11 J.N
照史くんと別れた後、
私は家に帰って夜ご飯の準備。

プルルルッ
○○
○○
ん?誰だろ…
まさか、照史くん??
いやいやそうだったら完成早すぎっ


…え、
○○
○○
…淳太くん?
ケータイを見ると"淳太"の文字が…
なんで!?


とりあえず私は電話に出た
○○
○○
もしもし…?
中間淳太
中間淳太
お!出た出た
夜遅くにごめんなぁ〜
○○
○○
いや、それはいいんだけど…
なんで私のケータイ、、
中間淳太
中間淳太
照史に教えてもらったんよ、
ごめんなぁ、勝手に。
そりゃ驚くよな笑
○○
○○
そうだったんだ!
ううん、大丈夫だよ
中間淳太
中間淳太
ありがとぉ〜
あ、それで用件なんやけど
○○
○○
うんうん、
中間淳太
中間淳太
明日って〇〇、店におる?
明日か、、どうだったかな
私はすぐにカレンダーを確認する
あ、シフト入ってる!
○○
○○
いるよ〜
中間淳太
中間淳太
ほなよかったわぁ〜
何がよかったんだろ、
○○
○○
なんでー?
中間淳太
中間淳太
俺ら、あ。7人な
明日あそこの店で飲み会しようと思っててん
それで〇〇に接客お願いしたくて電話したんよ笑
○○
○○
そうだったんだ笑
こんな指名もらえるなんてどんだけ幸せものなんだろ…
中間淳太
中間淳太
あ、忠告しとくわ
明日濵ちゃん以外はお酒飲むから気ぃつけや
○○
○○
え?なにを…
中間淳太
中間淳太
〇〇可愛いんやから、気ぃつけな襲われるで
まぁ、俺お酒強いし濵ちゃんもおるから大丈夫やと思うけどな笑
○○
○○
う、ん
さらっと言わないでよさらっと…

てか、淳太くんってお酒強いんだ
確かに強そうだけど笑
中間淳太
中間淳太
ほな、明日頼むで!
○○
○○
わかった、待ってるねー!
中間淳太
中間淳太
おやすみ〜
淳太くんとも連絡先交換しちゃった…!!
明日楽しみだな、みんな酔っ払ったらどうなるんだろ?
すごい気になる笑


私はワクワクしながら眠りについた。