無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

episode12
今日はみんながお店に来る日。
淳太くんに忠告されたけど、
それよりもみんながどう酔っ払うのか気になる笑


カランカランッ
○○
○○
おはようございます!
(店員)
おはよー!
きいてると思うけど今日、
ジャニーズWESTの皆さんが来るから頼んだよ!
○○
○○
はい!任せてください
常連客のマネージャーさんからきいたのかな?

私は支度を終え仕事へ
みんなが来るのは20時頃。

あと2時間後かぁ〜早く来ないかなぁ笑
(店長)
〇〇ちゃんー!
団体さんきたから手伝ってー
○○
○○
はーい
食器を洗っていた私はすぐに店長のところへ
団体のお客さんは15人くらいのサラリーマン。
(客)
とりあえず全員、生で!
○○
○○
かしこまりました
うわぁ、こんなたくさん一度にって聞いた事ないよ〜
うっ、重い…
私はグラスを3回に分けて運んだ。
○○
○○
お、おませしました〜
残りもすぐお持ちしますね
(客)
ありがとうございます〜
私はどうにか人数分を運び終えた。
その後も大量に注文を受け、運んでを繰り返していたらあっという間に2時間経っていた。
○○
○○
あれ、来ないな
(客)
すいませんー、お会計お願いします
そんなことを考えていると、
団体のサラリーマンの中の1人に呼ばれた。
やっと帰るか…よかった

内心こう思ったのは秘密。
○○
○○
はぁー、疲れた〜
カランカランッ
中間淳太
中間淳太
すいませーん
○○
○○
あ、
さっきのサラリーマンと入れ替わりのように入ってきたのは淳太くん
中間淳太
中間淳太
お、〇〇や
収録おして予定より遅なったわ〜
○○
○○
そうなんだ、お疲れ様!
中間淳太
中間淳太
…なんかええな
○○
○○
ん?…何が笑
中間淳太
中間淳太
あ、いや
みんなもう来ると思うからよろしくな
○○
○○
おっけー
淳太くん、なんかよく分からないけど、
久しぶりにみんな集まって会える!!
濵田崇裕
濵田崇裕
久しぶりやわぁ〜
桐山照史
桐山照史
せやなー、ありがたいことにみんな忙しかったもんな笑
神山智洋
神山智洋
ほんま、やっとそろって集まれたな笑
小瀧望
小瀧望
今日めっちゃ楽しみやったわ〜
藤井流星
藤井流星
せやな〜
重岡大毅
重岡大毅
淳太ー、予約取ってくれてありがとな
もう帰ってええで
中間淳太
中間淳太
なんでやねん!!
相変わらずの賑やかさ笑
重岡大毅
重岡大毅
お、〇〇やん!
久しぶりやな〜
○○
○○
そうだね笑
後ろでぶつぶつ言ってる淳太くんを無視して言うしげ

案の定、淳太くんは"なんやねんお前"って言ってるけど…笑
小瀧望
小瀧望
俺はこないだ会ったで〜
神山智洋
神山智洋
俺も〜
桐山照史
桐山照史
え、ちょっとまって
お前もやねんけど…笑
○○
○○
なんか、連続で会ったんだよね笑
濵田崇裕
濵田崇裕
へぇ、そんなことってあるんやな笑
○○
○○
そうみたい…ですね笑
藤井流星
藤井流星
なぁ、思ったんやけど
○○
○○
はい?
藤井流星
藤井流星
〇〇、濵ちゃんと俺以外にはタメ口やろ??
○○
○○
そうですけど…
濵ちゃんと流星くんとは話し方についての話題がなかったから、
濵田崇裕
濵田崇裕
ほんまやん、しかもせやったら〇〇ちゃんって呼ぶん俺だけやない?
あ、たしかに
名前にちゃん付けは濵ちゃんだけかも…
神山智洋
神山智洋
せやったら、みんなで統一しようや
ちょうど集まってるんやし
小瀧望
小瀧望
ええやん、ええやん!
重岡大毅
重岡大毅
ほな、敬語はなし!
まずこれやな
中間淳太
中間淳太
で、俺らは〇〇って呼ぶから
○○
○○
うん
桐山照史
桐山照史
〇〇は好きなように呼んでくれてええからな、
今から変えてもええし笑
○○
○○
わかった!
なんか、こんな会話できるのって距離が縮まってる感じがしてうれしいな
みんなの温かさが伝わった