無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

橘さんの裏の顔は怖い。
橘side



訳わかんない、

どうなるか教えてあげよっ( *´艸`)ウフフ


『あなたちゃぁ〜ん、ちょっと聞きたいことがあるんだけど、いいかな…?』


あなた「はい?」



ガチャ



『お前さぁ、ちょっと気に入られてるからって調子乗ってんじゃねーよ。』


あなた「は?」


『だーかーらー、消えろって言ってんの!!((ドンッッ』


あなた「った…」


『ま、これから地獄を見ることになるから💕』






ー橘が戻るー



あなたside



痛たた…
アザになってないといいけど…



なってないか、良かった、


戻ろー…((呑気すぎるな笑





ガチャ


橘「あなたちゃんがぁ…(´⌒`。)グスン」


高橋「あなたちゃん、本当ですか?」


『なんの話?』


道枝「いじめてたんじゃ…?」


『いじめてないけど?』


長尾「でも、ちゃんと傷も残ってるし…」


橘「引っ掻かれたんです…」


『嘘、つかない方がいいよ。』


橘「あなたちゃんこわい…((大橋の袖を掴む」


大橋「大丈夫やから。」



なにこいつ、面倒くさ…
わからんわぁ…



西畑「まあ、とりあえず練習始めよか。」

「俺は、あなたの味方やからな((耳元」


『ありがとう。((耳元』



🎼.•*¨*•.¸¸♬🎶•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪(途中)


『((引っ掛けられて転ぶ』


橘「あなたちゃん、何やってるんですかぁ…?」


大橋「ちゃんとやってや?」


『ごめん…なさい…』






こんな感じなんかなぁ…
西畑以外に、味方っているのかな…




藤原「もうそろそろ暗くなってきたし、帰ろか〜!」


なにわ「はーい」


藤原「流星と、大吾とあなたっ!焼肉いこや〜。」


『私…?』


藤原「うん笑」


西畑「よっしゃぁー!丈くんの奢り🎶」


大西「行くかっ!!」

「ほら、あなたもっ!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi (なにわ垢) Twitter☞@moegi_mochio (スト垢) とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。 需要あるかどうかわかんいないけど、一応 。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る