無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第63話

初デートは制服で!
あなたside



『しゅ…んごご…』


道枝「叫んだら、バレちゃう笑」


『ごめん笑 でもさー、制服だし?マスクだけだし??』


道枝「バレるのも時間の問題って?」


『そのとーり!ま、いこいこっ!』







ークレープ屋ー


『いちごホイップのやつと、チョコ?(道枝が頷く)をください!』


店員「かしこまりました。」

「あの、なにわ男子のあなたちゃんと道枝くんですよね…?」


『んふふ笑 そうですよっ!』


店員「ファンで…あっ、握手してもらっても…」


『全然大丈夫ですよ〜』

『ちなみに、誰担ですか…?』


店員「あなたちゃんです!!」



『んふっ笑((自然に溢れる』

『ありがとうございます💕』




道枝「ファンの方やった?」


『うん!私担当やって〜』


道枝「よかったやん!」


『うんっ! ちょっとだけ駿のクレープちょうだい…?』


道枝「ええよ笑」

「あなたのも欲しい…」


『交換ね!!』


??「あなたとみっちー??」


『卍やん。』


道枝「なんでおるん?」



高橋「ちょっと買い物しててん!」


『1人?』


高橋「いや、廉くんと大吾くんと正門くんも一緒やで✨」


『廉おるの!?なんで言ってくれんかったんやろ…』


西畑「恭平!…とあなたとみっちー??」

「ほら、恭平行くでっ!!」


高橋「??」


西畑「デート中やないの?」


廉「大吾〜見つけた?」

「あなたと、みっちーやん!」


『そのくだり飽きた。』


正門「なんでその組み合わせ?」


『制服デート中やで❤️』


廉・正門「ええぇぇぇぇぇ!?」


『なにわとリトかんにしか言ってなかったっけ…』


道枝「確か…笑」


『まーまー、気にしない気にしない。』


廉「いつからなん!?いつからなん!?」


道枝「最近です…」


廉「あなたも大人になったんやなぁ〜」


『一応、2人目ですけど?』


廉「は!?」

「まぁ、いーや。お幸せに〜」






そうやって、4人は去って言った…



『なんやったんやろ』


道枝「嵐のように去ってったね笑」



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

もちお。📕💭
もちお。📕💭
Twitter☞@mochio_moegi (なにわ垢) Twitter☞@moegi_mochio (スト垢) とある西畑担に片思い中ですので、西畑担とはあまり繋がらないかもです。 需要あるかどうかわかんいないけど、一応 。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る